召使の少女

8 の用例 (0.00 秒)
  • 召使の少女は机のとびらをあけ、引出しを抜いて、女主人のそばの椅子の上においた。 モーパッサン/新庄嘉章訳『女の一生』より引用
  • 召使の少女はエドガルドが洗礼を受けずに死んで地獄に落ちないために、洗礼を授けたと教会に報告した。
  • 部屋の扉があき、盆をもった召使の少女が顔をだす。 田中芳樹『アルスラーン戦記02』より引用
  • と、玉座から見て東側の壁に設けられた小扉が音もなく開き、濃紺のドレスに白いレースのエプロンを重ねた召使の少女がしずしずと歩み入ってきた。 九里史生『SAO Web 0406 第八章01』より引用
  • 両親はユダヤ人であったが、病気でいのちがあぶなかったためカトリックであった召使の少女が、緊急洗礼を授けた。
  • つまり、フェルメールはある時、絵画のモデルとして召使の少女をつかうことを思いついた。
  • 召使の少女と老婆にねぎらわれ、行水を浴び、食事をし、ぬれ縁に坐って、手入れもろくにしない自然なままな庭さきの打水うちみずに、ほっと、心を放つと共に、おもわず日頃のおもいが、弟子の山楽にむかって、口から愚痴ぐちのように出たのであった。 吉川英治『新書太閤記(十一)』より引用
  • マーガレット・リード、娘のバージニア、御者のミルト・エリオット、召使の少女エリザ・ウィリアムズは、座して子供たちが飢えるのを見守るよりもどこかかから食料を調達してくるほうがましと考え、徒歩での脱出に挑戦するが、大雪に阻まれ4日後には引き返さざるをえなくなる。