召使の女

33 の用例 (0.00 秒)
  • わたしの召使めしつかいの女の中にも、同じ年の女は二、三人います。 芥川龍之介『トロッコ・一塊の土』より引用
  • そこにはいつも赤い鼻をした召使の女がゐて、それが呉葉の持つて行つた文箱を受取つた。 田山花袋『道綱の母』より引用
  • しんかんとした家のなかには、いまは雇人の妻である頑丈な召使の女しかいなかった。 パール・バック/大久保康雄訳『大地(1部)』より引用
  • ある日の夕方、召使の女がしるのはいったわんを持って部屋へはいってみると、すでに叔父は死んでいたのである。 パール・バック/大久保康雄訳『大地(1部)』より引用
  • それを運んで来たり、酒間をとりなす召使の女にしても、岡崎や浜松の女の肌目きめではなかった。 吉川英治『新書太閤記(五)』より引用
  • 召使の女などが、ひそひそと声をひそめて話し合っては主人に隠れて泣いているのが感じられた。 大佛次郎『赤穂浪士(上)』より引用
  • 召使の女のうちに、お銀様とお君さんとがおついの着物を着て紫の頭巾を被って、裏の林の中を脱けておいでなすったのを見たというものがあったというぐらいのものであります。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • ある富豪の家で、主人が召使の女に罪をかぶせて殺した。
  • 中に入ると、4人の美しい召使の女に囲まれてひときわ美しい14歳ぐらいの乙女がいた。
  • 声をつつぬかせたのは召使の女だった。 杉本苑子『続今昔物語ふぁんたじあ』より引用
  • こんどはまえのよりもいっそう身分みぶんたかい人が、おしのびでおまいりにたものとみえて、おおぜいのさむらいや、召使めしつかいの女などがおともについていました。 楠山正雄『一本のわら』より引用
  • いや、町の代りに、必要な金をためて修道院にはひることを唯一の望みにしてゐる年老いた召使の女を、登場させる。 福永武彦『第六随筆集 秋風日記』より引用
  • 若い、内気そうな主人に代って、もっぱら説明役を引き受けているのは召使の女だった。 杉本苑子『続今昔物語ふぁんたじあ』より引用
  • そういう人達はたくさんの召使の女の人にかしずかれて手取り足取りされて、自分の帯を結ぶことも髪をゆう必要もない生活をいたしましたけれども、人間らしさはそのように無視されてきたわけです。 宮本百合子『幸福の建設』より引用
  • 伝の人の言うとおり、劉邦は初め召使の女に足を洗わせながら酈食其に面会するという無礼な態度に出た。
  • そこで主人はひどく心を痛めて、いろいろと考えたあげく、その日召使の女が何心もなく淵に行って洗濯をしているところを、不意に後から川に突き落とした。 柳田国男『遠野物語 付・遠野物語拾遺』より引用
  • 私もね、ここが気持の見せどころだと思ったから、召使の女たちに手を貸して、一生懸命みとりをしたの。 杉本苑子『続々今昔物語ふぁんたじあ』より引用
  • 暴君としてのお銀様は、こうも評価して弁信を軽く見ようとしたけれど、召使の女の返答ぶりにさえ動揺する自分として、弁信をのみ左様に小さくして、自分が左様に大器であることに見るのは、常識が許しません。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • こうしたゴール人のおちぶれた子孫からプロス嬢はすばらしい技術を獲得したので、召使の女や少女は彼女のことを、家禽や兎や野菜をすこしばかり庭にとりにやって、それをなんでも自分の好きなものに変えてしまう魔法使いかシンデレラの名づけ親のようだと思っていた。 ディケンズ/本多顕彰訳『二都物語(上)』より引用
  • いつのまにかお銀様の背後うしろに近づいていたのは、自分の実家、有野村の藤原家へ雇われていた召使の女、お君の愛するムク犬であることは、その家のお嬢様であったお銀様が見れば、見違えるはずはないことであります。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • 次へ »