召使の一人

26 の用例 (0.00 秒)
  • それが召使の一人であることに気づいて、オーツェル大司教が声をかけた。 エディングス『エレニア記5 聖都への旅路』より引用
  • 真夜中ごろ、ヴァニーナの召使の一人が、荒々しく部屋にはいって来た。 スタンダール/宗左近訳『カストロの尼』より引用
  • 彼女はすぐ伯爵に手紙を書き、召使の一人を出発させた。 スタンダール/大久保和郎訳『パルムの僧院(下)』より引用
  • 廊下へ集まっているらしい三人の召使の一人が、すすり泣いた。 直木三十五『南国太平記』より引用
  • 私は、長テーブルの周りで忙しく立ち働いている召使の一人に近づこうとした。 カヴァン『氷』より引用
  • 買収した召使の一人がそこで彼を待っていた。 スタンダール/大久保和郎訳『パルムの僧院(下)』より引用
  • 召使の一人が邸の内より出て来る。 シェイクスピア/福田恆存訳『十二夜』より引用
  • が、そのうちに召使の一人が、私をズボンのポケットに入れて、無事に下までおろしてくれました。 原民喜『ガリバー旅行記』より引用
  • 私の家へ帰ってみると、召使の一人が戸を開けてくれましたが、私はなんだか頭をぶつけそうな気がして、身体をかゞめて入りました。 原民喜『ガリバー旅行記』より引用
  • しかし、そこへ、召使の一人がかけつけて来て、鳥の首をねじ切ってしまいました。 原民喜『ガリバー旅行記』より引用
  • みなさん、これはわしの召使の一人で、名をエックという者じゃ。 エディングス『エレニア記5 聖都への旅路』より引用
  • あなたも御存知のように、これまであたしが身を任せた相手は、あなたのほかには、うちで使ってた召使の一人だけよ。 サド/澁澤龍彦訳『閨房哲学』より引用
  • その手紙で四スーの郵便料をわたしに払わせるのは気の毒と思い、召使の一人に持たせてよこす。 ルソー/桑原武夫訳『告白(下)』より引用
  • 召使の一人が、そのころ眼を覚まして、馬の足掻あがきの音を聞いたが、ふたたび眠りに陥ちた。 スティーヴンスン/日高八郎訳『ジーキル博士とハイド氏』より引用
  • 事審官の召使の一人が、そっと教えてくれた。 杉本苑子『胸に棲む鬼』より引用
  • それから一時間後、飛脚にたった彼女の召使の一人が、十年このかたローマに住み社交界に大いに重きをなして暮らしている母のもとに次の手紙をとどけた。 スタンダール/宗左近訳『カストロの尼』より引用
  • ウォーバートン氏は留守をしていた召使の一人の方をふりかえり、厳しい調子で、いったいこの開封した新聞はどうしたことだと訊ねた。 モーム/田中西二郎訳『モーム短編集「園遊会まで」』より引用
  • そこでネーリ氏の召使の一人がすぐに火をたきつけて五徳の上に鍋をのせ、それに油を入れて、娘たちが魚を投げてよこすのを待ちかまえました。 ボッカッチョ/柏熊達生訳『デカメロン(下)』より引用
  • そして、昨夜九時の急行で、九大の神経学会に行くとかいう旨を伝えられたそうですが、その時召使の一人が、津多子様が電話室からお出になったのを見たのみで、それなり、吾々われわれの眼には触れなくなってしまわれたのです。 小栗虫太郎『黒死館殺人事件』より引用
  • ところが、召使の一人も持たぬひとりぼっちのわたしは、その家の召使たちのお情け次第で、嫌な思いをしないためには、彼らの鼻息をうかがわねばならぬ。 ルソー/桑原武夫訳『告白(下)』より引用
  • 次へ »