召使のよう

23 の用例 (0.00 秒)
  • しかし家のなかでは実に私は一平の召使めしつかいのような働きをする時がいくらもあるのですから。 岡本かの子『家庭愛増進術』より引用
  • あんな年とったごうまんな女性に召使のように仕えねばならないとおっしゃるの。 パール・バック/大久保康雄訳『大地(2部)』より引用
  • ウィリアムは、彼女が彼の妹を召使のように扱うのが不愉快だった。 ロレンス/吉田健一訳『息子と恋人 上巻』より引用
  • 受領の生んだ子供は、正妻の生んだ子供の召使のような扱いを受けるのが落ちだ。 大塚ひかり『源氏の男はみんなサイテー ―親子小説としての源氏物語』より引用
  • しかし妬んでも仕方がないと知ったとき、彼女は哀れ深い様子をして召使のような従順さでお信に奉仕した。 島田清次郎『地上』より引用
  • 召使のような女の子たちがいる。
  • この少年は、召使のような取り扱いをうけてはいましたが、アメリゴ氏の家の中で育てられ、こどもたちと一緒に成長しました。 ボッカッチョ/柏熊達生訳『デカメロン(中)』より引用
  • サンディをまるで召使のように扱うヒロミツと彼女の溝はどんどん広がるばかり。
  • 若いころ、土地の豪家に奉公して、召使のような仕事をしていたが、ある年の夏、主人のお供で旅に出ることになった。 杉本苑子『続今昔物語ふぁんたじあ』より引用
  • あたかも主人のものをごまかす不忠実な召使のように、彼らは道徳と社会とを悪用していた。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • ところが今、クリフォードに対すると、自分が小さく、まるで召使のように感じられ、しかも彼女は一言もなく甘受し、自分から上流社会へ合わせていった。 ロレンス/飯島淳秀訳『チャタレイ夫人の恋人』より引用
  • 二人は偶然に泊まり合わせたように装っていたが、どうやら同行であるらしく、それも主従の間柄で、老女はお高祖頭巾をかぶった女の召使のように感じられたと言う。 山本禾太郎『抱茗荷の説』より引用
  • ソクラテス、改めて、国家の世話をするには、「技術」で以て国民ができるだけ優れた人間になるようにするのがいいのか、それとも「迎合」で以て召使のように彼らのご機嫌を取るのがいいか、問う。
  • ヒート警部は、自らの忠実さや努力の価値を意識している忠実な召使のように、いくぶん不機嫌に、きっぱりした語調でこの情報を伝えた。 コンラッド/井内雄四郎訳『密偵』より引用
  • 食堂の窓の鎧戸よろいどは、とうに開け放してあったが、召使のような低い階級の女たちは、こういうことは堅く守るが、死人が出た家のしきたりで、ブラインドはみなおろしてあったから、なかは薄暗かった。 ストーカー/平井呈一訳『吸血鬼ドラキュラ』より引用
  • ちょっとにらまれてもおろおろしながら、なけなしの金で亭主のために酒を買ってきたり、亭主が大威張りでペーチカの上にふんぞり返って、前後不覚に眠りはじめると、まるで召使のようにおろおろして、自分のかわごろもをかけてやるのであった。 ツルゲーネフ/佐々木彰訳『猟人日記(上)』より引用
  • 采女は単に召使のように考えているのは誤りで、実は国造における采女同様、宮廷神に仕え、兼ねてその象徴なる顕神アキツカミの天子に仕えるのである。 折口信夫『最古日本の女性生活の根柢』より引用
  • そのあいだ、まるで自分が召使のように下男を「侯爵さま」と呼んでかしずき、逆に自分を「ラ・フルール」と呼ばせるしまつ。 桐生操『きれいなお城の怖い話』より引用
  • この調子は、第三十書簡によって、ロダンから「盗みを働いた召使のように」追い出された後にも、なお尊敬と自負との弱音を響かせながら、最後まで続く。 福永武彦『第五随筆集 書物の心』より引用
  • 彼女はわたしを自分の召使のように自由につかって、手袋、扇、帯、帽子まで持たせ、あっちへ行け、こっちへ行け、あれをしろ、これをしろと、いちいち命令する。 ルソー/桑原武夫訳『告白(上)』より引用
  • 次へ »