召使ども

68 の用例 (0.00 秒)
  • ここじゃまるで、きみのいうあの召使どものうちみたいじゃないか。 ハインライン『デリラと宇宙野郎たち』より引用
  • むろん、すべて考慮されるかぎりの召使どもも、おれには絶対服従だ。 カフカ/谷友幸訳『アメリカ』より引用
  • 大声に驚いて、召使どもが駆けつけたときにはくうつかんでこと切れていた。 杉本苑子『胸に棲む鬼』より引用
  • 料理場へ行くと、彼は他の多くの召使どもの中にはいり込んだ。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • そうしたものが二、三でもあれば、召使どもを寝にやることもできるにちがいない。 カフカ/谷友幸訳『アメリカ』より引用
  • こんなに多くの召使どもを置く、なんの必要があるんじゃ? ユゴー/辻昶・松下和則訳『ノートルダム・ド・パリ(下)』より引用
  • だがそれよりは召使どもにも主人にも、ぶつからんように手配しておくほうがいいじゃないか? エミリー・ブロンテ/田中西二郎訳『嵐が丘』より引用
  • されば召使どもの言うところを綜合して、元帥は次なる結論にと達せられた。 バルザック/小西茂也訳『風流滑稽譚(第一輯)』より引用
  • 召使どもが向かって来たら、このピストルでおどかして追っぱらってやる。 エミリー・ブロンテ/岡田忠軒訳『嵐が丘』より引用
  • たぶんあんたももう気づいているはずだが、召使どもは、ブルネルダをひどく尊敬していたんだ。 カフカ/谷友幸訳『アメリカ』より引用
  • どうもああいう怪しからぬ召使どもは、いつも同じ悪い癖がある。 佐藤正彰訳『千一夜物語 09』より引用
  • 兵隊や召使どもが、そっとうかがっているのには目もくれず、会釈もしなかった。 パール・バック/大久保康雄訳『大地(3部)』より引用
  • 召使どもの給料で、フランスは略奪されてしまうではないか! ユゴー/辻昶・松下和則訳『ノートルダム・ド・パリ(下)』より引用
  • ヒースクリフが召使どもに息子を尊敬するように申しわたしてありましたので、その軽蔑の念は胸の底に畳んでおかねばなりませんでしたけれど。 エミリー・ブロンテ/大和資雄訳『嵐が丘』より引用
  • 召使どもには見られたかね? スタンダール『赤と黒』より引用
  • 実際、彼は夜になると召使どもを離れに下げてしまって、母屋に自分ひとりでひと晩じゅう閉じこもってしまうのがならいになっていた。 ドストエフスキー/北垣信行訳『カラマーゾフの兄弟(1)』より引用
  • 召使どもも疲れて早く休みたがっていた。 パール・バック/大久保康雄訳『大地(2部)』より引用
  • ほんとうに、わたくしは何人もの人々の女主人ですし、いろいろな人たち、召使ども、たくさんの童子たちを使っている身なのです。 佐藤正彰訳『千一夜物語 01』より引用
  • そうなると、むろん、ほかの召使どももそやつとぐるになり、戸口のまえで大騒ぎをやり出した。 カフカ/谷友幸訳『アメリカ』より引用
  • 何せその度に召使どもからは乞食か何ぞのようにあしらわれ、情けない思いをさせられる。 ガボリオ/松村喜雄訳『ルコック探偵(下)』より引用
  • 次へ »