召使たち

584 の用例 (0.00 秒)
  • 私は召使たちに夜の暇を出してから十一時半に寝てしまいましたからね。 クイーン/石川年訳『フランス・デパート殺人事件』より引用
  • 即ち一つの王国をもってこれを支配し、神と同じく召使たちをもっている。 太宰治『誰』より引用
  • 彼女がまだ出ていかないうちに、召使たちもお祝いを言いにやって来た。 トルストイ/中村白葉訳『アンナ・カレーニナ(中)』より引用
  • しかし冷静な老人である彼女の父は、召使たちのほうを向いて言った。 パール・バック/大久保康雄訳『大地(2部)』より引用
  • おそらく、召使たちは起きて出て行く勇気がなかったにちがいありません。 モーパッサン/榊原晃三訳『モーパッサン怪奇傑作集』より引用
  • 王女といっしょに、十数人の近衛兵このえへいや召使たちもいなくなってしまった。 バローズ『火星シリーズ02 火星の女神イサス』より引用
  • 召使たちが出ていったことはいったが、いまからその理由を教えてやろうか。 ラヴクラフト全集4『05 「彼方より」』より引用
  • 召使たちのあたまほど、男と女の関係によく気のつくものはないからである。 パール・バック/大久保康雄訳『大地(3部)』より引用
  • 召使たちの心配も、もう次郎雅景には通じなくなってきはじめたようだ。 杉本苑子『続々今昔物語ふぁんたじあ』より引用
  • それは召使たちも同様に主人の所有物だと考えたからであった。 ロンドン/山本政喜訳『白い牙』より引用
  • 召使たちはみんな、高い塀に囲まれた菜園の奥の別棟で寝起きしていた。 モーパッサン/榊原晃三訳『モーパッサン怪奇傑作集』より引用
  • こうして主人たちの恋愛話にケリはついたが、召使たちの話はどうか?
  • 家族や召使たちは、城のなかをあちこち探しまわったが、無駄だった。 桐生操『美しき殺人法100』より引用
  • 召使たちは石の中に穴が現われるのを見て、悲鳴をあげながら逃げていった。 P・J・ファーマー『地球の壁の裏に』より引用
  • 王宮の出来事で、召使たちの知らないことなんて何もないんですもの。 エディングス『エレニア記5 聖都への旅路』より引用
  • まだ彼女が出て行かないうちに、もう召使たちがお祝いにやって来た。 トルストイ/木村浩訳『アンナ・カレーニナ』より引用
  • そして自分たちのお金で召使たちの数をふやせばよろしいのでございます。 ボッカッチョ/柏熊達生訳『デカメロン(下)』より引用
  • 近くの村からやってきた召使めしつかいたちが、粛々しゅくしゅくとした様子で、城に入っていく。 桜庭一樹『GOSICK 第5巻』より引用
  • 子供たちは召使たちといっしょに第一の馬車で先に出かけた。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • 召使たちの部屋は二層の警固兵詰所の隣になっていたかもしれない。 松本清張『赤い氷河期』より引用
  • 次へ »

召使たち の使われ方