召使が出

10 の用例 (0.00 秒)
  • 誰かもう少していねいな召使が出てきそうなものだと思って。 エミリー・ブロンテ/大和資雄訳『嵐が丘』より引用
  • 車の通れる門はまだけてなかったので、供の者がかぎを借りに行くと、非常な老人としよりの召使が出て来た。 与謝野晶子『源氏物語』より引用
  • 質素なお仕着せに身を包んだ召使が出てきて、何事かと言いたげに近づいてきた。 エディングス『エレニア記2 水晶の秘術』より引用
  • 四人の召使が出て来て、マターファは今、礼拝堂にいるという。 中島敦『光と風と夢』より引用
  • ひじょうに汚ない顔をして、左右不均等の目をした、だらしない感じの召使が出てきた。 クリスティ/一ノ瀬直二訳『秘密組織』より引用
  • 召使が出て行くと、私は二階へ参りました。 エミリー・ブロンテ/大和資雄訳『嵐が丘』より引用
  • ところがウー・リンは姿を見せず、かわりにその召使が出て来て、主人は所要で外出したが、これから主人のいるところへご案内しましょうという。 クリスティ/小西宏訳『「ポワロ参上!」4』より引用
  • あたしは中庭を回り、木戸を抜けて、もうひとつのドアのところへ行き、もっと親切な召使が出て来るかと思って、ノックしてみました。 エミリー・ブロンテ/岡田忠軒訳『嵐が丘』より引用
  • 美齢は、すぐにひきとったので、お茶やお菓子を運ぶ召使が出たりはいったりするだけで、近くには、だれもいなかった。 パール・バック/大久保康雄訳『大地(3部)』より引用
  • こういって、彼が帰ってゆくと、間もなく、寝所へ、召使が出はいりして、雨戸が閉まった。 吉川英治『治郎吉格子』より引用