召使が入って来

6 の用例 (0.00 秒)
  • 彼はたった一人しかいない召使が入って来た時にも、起き上がろうとさえしなかった。 アレクサンドル・デュマ/横塚光雄訳『黒いチューリップ』より引用
  • その時一人の召使が入って来た。 ルブラン/水谷準訳『奇巌城(ルパン・シリーズ)』より引用
  • 十一時すぎに、召使が入って来て、ヴラヂーミル・ミハイルイチがお出でになりましたと告げた。 チェーホフ・アントン『大ヴォローヂャと小ヴォローヂャ』より引用
  • 召使が入って来て、バケットさまがいらっしゃいました、と告げましたが、それはまったく不要なことでした。 ディケンズ/青木雄造・小池滋訳『荒涼館(4)』より引用
  • そのまま長いこと、一分ほども、われながらみっともないと思い、さすがの彼にもあきれられはしないかと思い、召使が入って来はしないかと気づかいながら、どうしても唇を離すことが出来なかった。 チェーホフ・アントン『大ヴォローヂャと小ヴォローヂャ』より引用
  • 召使が入って来た。 アレクサンドル・デュマ/横塚光雄訳『黒いチューリップ』より引用