召使が二人

8 の用例 (0.00 秒)
  • 下には召使めしつかいが二人いて、金ぴかの馬車を掃除そうじしながら、噂話うわさばなしをしていました。 ジョーンズ『ハウルの動く城02 アブダラと空飛ぶ絨毯』より引用
  • 先ほどの召使が二人を二階の一部屋へ案内した。 ルブラン/水谷準訳『奇巌城(ルパン・シリーズ)』より引用
  • 召使が二人、これら嘆願者たちの人波を押えるのに苦慮していた。 ガボリオ/松村喜雄訳『ルコック探偵(上)』より引用
  • バターシーの家には、召使が二人しかいなかった。 セイヤーズ/小山内徹訳『ピーター卿乗り出す』より引用
  • それから、私は陛下の命令で宮殿の一室に案内され、召使が二人、私に附き添いました。 原民喜『ガリバー旅行記』より引用
  • そして、彼女の世話をするために、家庭教師の婦人が一人、それから、着物の世話をする女中が一人、いろんな雑用をする召使が二人、それだけが彼女に附き添うことになりました。 原民喜『ガリバー旅行記』より引用
  • 今朝は召使が二人も追いだされてしまいました。 スタンダール/宗左近訳『カストロの尼』より引用
  • ただ自分が今すわっている畳の色や、天井の柾目まさめや、床の置物や、襖の模様などのなかに、この屏風を立ててみて、それに、召使が二人がかりで、蔵の中から大事そうに取り出してきたという所作をつけ加えて考えると、自分が持っていた時よりは、たしかに十倍以上たっとい品のようにながめられただけであった。 夏目漱石『門』より引用