召使い頭

10 の用例 (0.00 秒)
  • おそらくはこの城の召使い頭だろうが、声同様、その顔にも何の表情も浮かんでいない。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第01巻 「放浪の戦士」』より引用
  • ただひとり、玉をてられたのは召使めしつかがしらでした。 ロフティング『ドリトル先生物語12巻 ドリトル先生の楽しい家』より引用
  • あの召使い頭をちょっとのあいだ待たせておいて、わたしが百二十人と言ったことと、それができなければ吊るし首だと言ったことが本気かどうか考えさせておこう。 ディクスン『ドラゴンの騎士〔上〕』より引用
  • 実のところ、シオラフのほうが、召使い頭より小柄な男だった。 ディクスン『ドラゴンの騎士〔上〕』より引用
  • 玄関の戸をあけた召使い頭は、慎み深く微笑しながらオルデンを迎え入れて、二階の応接間へ案内した。 クリスティ/松本恵子訳『青列車殺人事件』より引用
  • ジャイルズ氏は、屋敷の老夫人に家令と召使い頭として働き、ブリトルズはなんでも屋の若者で、子供のときから老夫人に仕えていたので、三十は少し越していながらも、将来有望な青年としてまだあつかわれていた。 ディケンズ/北川悌二訳『オリヴァ・トゥイスト(上)』より引用
  • やがて召使めしつかがしらがかけつけてきました。 ロフティング『ドリトル先生物語12巻 ドリトル先生の楽しい家』より引用
  • 召使い頭と同じようにシオラフの髪も黒いが、もっと短く刈っており、鼻当てのない鋼鉄のかぶとをかぶっているが、今は敬意を表すために、脱いで手に持っていた。 ディクスン『ドラゴンの騎士〔上〕』より引用
  • 召使めしつかがしらもすぐさまかぶとをぬいで、もっとたすけをんでこようとって、退却たいきゃくしてゆきました。 ロフティング『ドリトル先生物語12巻 ドリトル先生の楽しい家』より引用
  • 召使めしつかがしらはでっぷりふとって、尊大そんだいぶった馬鹿者ばかものです。 ロフティング『ドリトル先生物語12巻 ドリトル先生の楽しい家』より引用