召使い達

12 の用例 (0.00 秒)
  • グリモーの後ろには、他の召使い達が息を殺して聞いていた。 アレクサンドル・デュマ/石川登志夫訳『鉄仮面(下)』より引用
  • 「今日はアフリカから手紙が来る日だが、忘れはしまいな」とアトスは眠ろうとつとめながら、召使い達にこう声をかけた。 アレクサンドル・デュマ/石川登志夫訳『鉄仮面(下)』より引用
  • 運転手の木村をはじめ、男の召使い達はわざわざ話もしないが、女たちの口から今日の園子の打ちのめされた帰り際の模様は伊作の耳に入るだろう。 森茉莉『甘い蜜の部屋』より引用
  • 召使い達は、主人があまり穏やかな顔をしているのを見て、ほんとに息が絶えたのかどうか、しばらく疑っていたくらいだった。 アレクサンドル・デュマ/石川登志夫訳『鉄仮面(下)』より引用
  • だが召使い達の間では天上もいたわりがない、という見方がある。 森茉莉『甘い蜜の部屋』より引用
  • 父はインドで成功し、かなりの額の金と、たくさんの高価で珍奇な品々、それに現地の召使い達を引き連れて帰国しました。 ドイル/鈴木幸夫・鮎川信夫・齊藤重信『シャーロック・ホームズ全集(上)』より引用
  • 彼はこれ以上言い聞かせてもむだだと考えたので、アトスの召使い達に、一時いっときも病人のそばを離れないように注意して、邸を辞去した。 アレクサンドル・デュマ/石川登志夫訳『鉄仮面(下)』より引用
  • 奥の人間の変化は召使い達にも響いていて、召使い達は黙々として立ち働き、跫音を忍んで歩いている。 森茉莉『甘い蜜の部屋』より引用
  • この広間では、悪天候の際に馬上槍試合や集会が催され、あるいは祝祭時には召使い達の食事の場となった。
  • 天上は今日、園子が門を入った時に偶然、窗から庭を見ていたので、一人で出迎えたが、帰る時にも、召使い達の見送りは園子を苦しめるだろうと、園子を応接間に通すと廊下に出て、やよが茶を運んで来るのを待って、帰りにはやよだけで門まで送るように、言い附けて置いたのである。 森茉莉『甘い蜜の部屋』より引用
  • 青豆を豊饒たつぷり附け合せた挽肉料理、パセリを散らした馬鈴薯のサラドゥを次々に運んでくる李の様子に、召使い達の間に起きている一種の空気が見える。 森茉莉『甘い蜜の部屋』より引用
  • ちょうど、膳部屋の物片づけに、召使い達と共に立ち働いていた利家の夫人は、ふと、それを耳にして、と、あやしみながら、腰衣こしぎぬたすきがけのまま、何気なくそこへ出て来た。 吉川英治『新書太閤記(九)』より引用