召使い専用

7 の用例 (0.00 秒)
  • リディアはエドガーと、邸宅ていたく厨房裏ちゅうぼううらにある召使い専用階段をのぼった。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第09巻 女神に捧ぐ鎮魂歌』より引用
  • 貴族の屋敷には、たいてい召使い専用の通路とドアがあることなど、庶民しょみんのリディアはうっかり忘れていた。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第07巻 涙の秘密をおしえて』より引用
  • 召使めしつかい専用の階段をのぼりきると、屋根裏の一室の前で、当事者たちが待っていた。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第11巻 花嫁修業は薔薇迷宮で』より引用
  • 廊下の突き当りは、召使い専用の階段になっている。 ダイン/坂下昇訳『グリーン家殺人事件(上)』より引用
  • マーカムが二人の議論を中断させようとして、家令が最初の銃声を聞きつけて降りてきたという、召使い専用の階段を見てみようじゃないかと言い出した。 ダイン/坂下昇訳『グリーン家殺人事件(上)』より引用
  • 意を決し、ケリーは召使い専用の通路へ入っていく。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第18巻 魔都に誘われた新婚旅行』より引用
  • 背面の召使い専用の階段には、薄い紡毛ベーズを張った開き戸がついて、体裁ていさいをつくろってある。 ダイン/坂下昇訳『グリーン家殺人事件(上)』より引用