召使い女

10 の用例 (0.00 秒)
  • 朱や紺の衣の袖をひるがえして召使い女たちが酒を注いでまわる。 篠田達明『にわか産婆・漱石』より引用
  • 女の召使い女の額に模様を描く。 ヴァーツヤーヤナ/大場正史訳『カーマ・スートラ』より引用
  • そして、少し考えた結果、湿っぽいところに住んでいるためにいつも風邪をひいているチビの召使い女からそれが発せられているにちがいない、と思い当った。 ディケンズ/北川悌二訳『骨董屋(下)』より引用
  • さらに、できることなら毎日ハレムのまわりをぶらついて衛兵と友だちになり、ハレムの召使い女に気があるようなふりをして彼女に自分の意図を知らせ、目的をとげられぬ悩みをこぼすがよい。 ヴァーツヤーヤナ/大場正史訳『カーマ・スートラ』より引用
  • あるいは、はじめ自分の召使い女を彼女のもとへ送って、友だちとしていっしょに住まわせ、それから、召使いの手引きによって彼女を手に入れる。 ヴァーツヤーヤナ/大場正史訳『カーマ・スートラ』より引用
  • ハレムに潜入するにも、ナルガシルシャ月の第八日月の祭のあいだとか、明月祭のあいだ、ハレムの召使い女たちが仕事に忙殺されているときがよい。 ヴァーツヤーヤナ/大場正史訳『カーマ・スートラ』より引用
  • 男が適当な口実をもうけて、若い娘か召使い女かを愛する女のところへいかせて、彼女の耳飾りや花束の中に恋文をそっと忍ばせたり、彼女の身のまわりに自分の爪痕や歯型のついた品物をおかせたりする場合、この若い娘や召使い女は〈無言の仲介者〉と呼ばれる。 ヴァーツヤーヤナ/大場正史訳『カーマ・スートラ』より引用
  • 女占星術師、召使い女、女乞食、女芸人などは仲介の達人であり、短時間で相手の女の信頼を得るこつを知っている。 ヴァーツヤーヤナ/大場正史訳『カーマ・スートラ』より引用
  • アウパリシュタカは淫らな浮気女、侍女、召使い女など、つまり、マッサージによって生活し、だれとも結婚していない女たちによってもまた行なわれる。 ヴァーツヤーヤナ/大場正史訳『カーマ・スートラ』より引用
  • 自分より下の階層の水汲み女や召使い女などを相手に、単に欲望をしずめるために行なう場合、〈宦官的性交〉という。 ヴァーツヤーヤナ/大場正史訳『カーマ・スートラ』より引用