召使いの手

15 の用例 (0.00 秒)
  • 召使いの手を借りて衣服を改めた男は見違えるようだった。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第01巻 「放浪の戦士」』より引用
  • それから彼は、急に思い立ったように召使いの手を止めさせ、リディアの方へ歩み寄った。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第01巻 あいつは優雅な大悪党』より引用
  • それから先、オルデンは自分のからだを召使いの手に託した。 クリスティ/松本恵子訳『青列車殺人事件』より引用
  • 予言を終えたあと、かれは死にたえ、召使いの手によって断崖の洞穴に安置されたのだ。 R・E・ハワード『不死鳥コナン』より引用
  • すると、その樹の枝のなかで、がさがさ音がするのが聞こえ、金の林檎りんごが、召使いの手のなかに落ちてきました。 グリム兄弟/塚越敏訳『グリム童話(1)』より引用
  • 闇の帝王は召使いの手を借り、再び立ち上がるであろう。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 03 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』より引用
  • アンドレアは、彼がパリで送った数か月間の粋な暮らしの間、召使いの手を借りてはいたものの、決して失いはしなかった素早い動作で着替えをした。 アレクサンドル・デュマ/泉田武二訳『モンテ・クリスト伯(5)』より引用
  • とにかく、そんなわけで、とくわたしのために料理りょうりされた羊肉ようにくのカツレツがぎんのおぼんにのって、いつものように召使めしつかいの手ではこばれました。 ロフティング『ドリトル先生物語12巻 ドリトル先生の楽しい家』より引用
  • こうした命令を与えて、ピクウィック氏は忠実な召使いの手にある金額の金をわたし、逃亡者を追ってすぐブリストルに出発するように命じた。 ディケンズ/北川悌二訳『ピクウィック・クラブ(中)』より引用
  • エドガーとメリーベルがかつて森の中に捨てられたのは、エヴァンズ伯爵の愛人であった母メリーウェザーの死後、伯爵が2人を正式に引き取ろうとしたため、本妻である伯爵夫人の逆鱗に触れ、彼女の召使いの手によって森の中に置き去りにされたものであった。
  • ここで、スウィヴェラー氏は小女の召使いの手をふたたびにぎり、もうわかっているように、ひどく弱っていたので、感謝の気持ちをあらわそうとして苦しんで、彼の目も、彼女の目と同様、真っ赤にしてしまうところだったが、彼女は彼を横にさせて、サッと話題を変え、ジッと静かにしているように彼に強くすすめた。 ディケンズ/北川悌二訳『骨董屋(下)』より引用
  • 当然、いっさいの家事が召使いの手に任されたので、セント・クレアは家庭が少しもおもしろくなかった。 ストウ/山屋三郎・大久保博訳『アンクル・トムズ・ケビン(上)』より引用
  • 病弱だったメリーウェザーの死後、エヴァンズ伯爵が子供たちを正式に引き取ろうとしたため、本妻の逆鱗に触れ、エドガーは彼女の召使いの手によってメリーベルと共に森の中に捨てられ、スコッティの村の老ハンナ・ポーに拾われ彼女の館で育てられることになる。
  • エドガーと、伯爵家の有能な召使いの手にかかれば、煩雑はんざつな準備も手早く進められ、すべては順調だと執事のトムキンスは胸を張った。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第17巻 すてきな結婚式のための魔法』より引用
  • アルベールは、母親が自室に入ったのを見届けると、直ちに風呂と馬車の支度を命じ、召使いの手で着替えをさせてもらい、シャン=ゼリゼーのモンテ・クリスト邸におもむいた。 アレクサンドル・デュマ/泉田武二訳『モンテ・クリスト伯(3)』より引用