召使いの女

46 の用例 (0.00 秒)
  • 召使いの女たちに、今日一日の仕事を言いつけなければならなかった。 藤沢周平『玄鳥』より引用
  • やがて夜があけると、幾人もの召使いの女や老女たちが酒や料理を運んで来た。 駒田信二『中国怪奇物語(妖怪編)』より引用
  • わたしの召使めしつかいの女の中にも、同じ年の女は二三人います。 芥川竜之介『二人小町』より引用
  • それで彼女は召使いの女たちを引き連れ、大広間へと出かけていった。 ホメロス/呉茂一訳『オデュッセイア(下)』より引用
  • それによると、屋敷には三人の姉妹がいたが、召使いの女への扱いが残忍を極めた。 菊地秀行『妖戦地帯3 淫闘篇』より引用
  • 召使いの女に案内をさせて、みんなが二階へ昇って行った。 ルブラン/保篠龍緒訳『八点鐘』より引用
  • そこで雇い主が召使いの女に手をつけた場合、体面上も冷淡な真似はできない。 酒井美意子『ある華族の昭和史』より引用
  • しかも、この家には年をとった召使いの女がいますが、そのおばさんまでが男に夢中になりました。 淀川長治『続々』より引用
  • 召使いの女をつかわして恋人が前日に使った花をもらってこさせ、愛情のしるしとしてそれを自分で使う。 ヴァーツヤーヤナ/大場正史訳『カーマ・スートラ』より引用
  • 茂みの隙間すきまから覗き見れば、勝手口のところで召使めしつかいの女が男に羽交はがめにされている。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第18巻 魔都に誘われた新婚旅行』より引用
  • お屋敷じゅうには、召使いの女たちが五十人おりまして、その女たちにはいろんな仕事をして働くよう、しつけているのでございます。 ホメロス/呉茂一訳『オデュッセイア(下)』より引用
  • それから召使いの女たちを連れて、いちばん端のところにある納戸の間へとお出かけなさった。 ホメロス/呉茂一訳『オデュッセイア(下)』より引用
  • 又右衛門は当時まだ三千石の旗本とはいえ、決してそんな場所に娘に茶を持って来させる身分ではないが、その日は召使いの女に何かさしさわりでもあったらしい。 山田風太郎『伊賀の聴恋器』より引用
  • 竹青は召使いの女にいいつけて、広い寝台の上に低い机を置かせ、夫婦さしむかいで酒を酌んだ。 駒田信二『中国怪奇物語(妖怪編)』より引用
  • その召使いの女のひとりが、法師の手をやわらかにとると、こちらへと、大げんかんのうちへ案内あんないしました。 下村千秋『壇ノ浦の鬼火』より引用
  • 私の家財産を消耗させ、召使いの女たちをむりやりにいっしょに寝させ、また私自身がまだ生きているのに、その妻にいい寄るなどしたというのも。 ホメロス/呉茂一訳『オデュッセイア(下)』より引用
  • 医師は、しさいらしく額に手をあてて熱を見、脈をとり、召使いの女に容態を聞いたりした後、これは傷寒しようかんの一種であるといった。 海音寺潮五郎『平将門 上巻』より引用
  • 召使いの女も、そのあとにつづいた。 アレクサンドル・デュマ/江口清訳『三銃士(下)』より引用
  • そこで気のどくにも召使いの女はすっかりだまされてしまい、どうしても夜どおし看病するといってきかなかった。 アレクサンドル・デュマ/江口清訳『三銃士(下)』より引用
  • 八時、九時、十時、十時半、そこの女中さんと召使いの女の人と自分で、入口でじーっと待っていても帰ってこないので、ソファで横になりました。 淀川長治『続々』より引用
  • 次へ »