召使いとして働い

6 の用例 (0.00 秒)
  • その人々は作者の家庭に召使いとして働いていたことがある。 ストウ/山屋三郎・大久保博訳『アンクル・トムズ・ケビン(下)』より引用
  • 秘書のリァン・フェンが使っている部屋は屋敷の別の隅にあり、召使いとして働いている老夫婦は実際のところ、耄碌もうろくしていたのだよ。 フーリック/大室幹雄訳『中国湖水殺人事件』より引用
  • 伯爵はくしゃく家の召使いとして働いている、褐色かっしょくの肌の少年は、エドガーがもっとも信頼している従者だ。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第03巻 プロポーズはお手やわらかに』より引用
  • アミールは父ババと共に恵まれた生活を送っており、ハッサンは父アリと共にアミールの家で召使いとして働いていた。
  • しかしながら、そのオルガニストの一家が悲惨な貧困さで、エンメリックはその一家を援助するために、その一家の無償の召使いとして働いた。
  • アビゲイルはサラの叔母の長女で、生家が没落したことからサー・リヴァーズの召使いとして働いていた。