召使いたち

496 の用例 (0.00 秒)
  • 主人の命令どおり、九時には召使いたちはひとり残らず床についていた。 ルブラン/野内良三訳『ルパンの告白』より引用
  • この家ではすべて召使いたちは新館のほうでやすむことになっております。 ドイル『アベ農園』より引用
  • きっとこの家の召使めしつかいたちが、朝っぱらから数えさせられたに違いない。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第08巻 駆け落ちは月夜を待って』より引用
  • 召使いたちの口から洩れてきた物語は決して愉快なものではなかった。 ダイン/坂下昇訳『グリーン家殺人事件(上)』より引用
  • お宅の召使いたちをいつまでも訊問しないわけにはいかないでしょう。 シムノン/榊原晃三訳『メグレの途中下車』より引用
  • やがて召使いたちがやってきて、港へ運ぶ一行の荷物を持っていった。 エディングス『マロリオン物語10 宿命の戦い』より引用
  • この召使いたちは強制奴隷で、彼の思うがままに労働せねばならないのであった。 ホメロス/呉茂一訳『オデュッセイア(下)』より引用
  • 召使いたちも、白河夜舟しらかわよふね最中さいちゅうであると見え、誰一人として起きてこない。 海野十三『蠅男』より引用
  • かつての召使いたちがそれぞれ笑みを浮かべてわっと集まってきた。 シモンズ『尼僧院から来た花嫁』より引用
  • 召使いたちは、ファムの父親である王のまえでつかのま足を止めた。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(上)』より引用
  • 召使いたちによく訊ねてみたが、聞いたことのある者はいなかった。 三上於菟吉『踊る人形』より引用
  • お邸から逃げ出して行く召使いたちのうちの一人から聞きました。 アレクサンドル・デュマ/泉田武二訳『モンテ・クリスト伯(5)』より引用
  • ですから召使いたちはその時は気をつけなくてはいけないことを知っているんです。 ストウ/山屋三郎・大久保博訳『アンクル・トムズ・ケビン(上)』より引用
  • 侯爵こうしゃく部屋へやから出ていくと、召使めしつかいたちがあたらしい鳥かごをってきました。 ロフティング『ドリトル先生物語11巻 ドリトル先生と緑のカナリア』より引用
  • 彦太郎は伯爵家の召使いたちと一緒に、ぼんやりとその有様を眺めていた。 江戸川乱歩『江戸川乱歩全短編01 本格推理Ⅰ』より引用
  • これにはさすがのヴェロニカも慌てて、召使いたちの侵入を防ごうとした。 高殿円『カーリー 2 二十一発の祝砲とプリンセスの休日』より引用
  • 伯爵夫人がお出かけになれば、召使いたちはすぐに引きさがってしまいます。 プーシキン/高橋包子訳『スペードの女王・大尉の娘』より引用
  • それを召使いたちは仲がよすぎるからだと噂していた。 新田次郎『新田義貞(上)』より引用
  • 召使いたちはおそれをなして、主人や女主人の寝室へ出入りするのをことわった。 バルザック/佐藤朔訳『従妹ベット(下)』より引用
  • ガブリエルが心配しているのは自分の召使いたちの今後だった。 バークレー『愛のサマーヴィル1 夢見た騎士』より引用
  • 次へ »