召使いが主人

7 の用例 (0.00 秒)
  • しかしちょっと考えたって、ふたりの召使いが主人を殺そうとたくらみ、客のいる夜を選んで襲うなんて奇妙だとは思わないか。 ドイル/鈴木幸夫・鮎川信夫・内田庶・中尾明訳『シャーロック・ホームズ全集(下)』より引用
  • それ以上に常識に縛られていたので、召使いが主人と賭事をするわけには参りませんと、至極もっともな言葉を返した。 茅田砂胡『ポーラの休日 (扉最適化)』より引用
  • 最後に、タンの召使いが主人は夜の間に熱の発作にやられたが、いくぶんでも良くなりしだい、出勤するであろうと言って来ていた。 フーリック/大室幹雄訳『中国黄金殺人事件』より引用
  • 「皆様」と、彼は、このように厳粛な場面で召使いが主人に言うにしては、妙に腹の据わった声で言った。 アレクサンドル・デュマ/泉田武二訳『モンテ・クリスト伯(4)』より引用
  • 召使いが主人を襲うことなど、道徳感にそむく不愉快なことであるばかりでなく、あまり途方もない考えなので、まったくかれの胸に浮かびもしなかったのである。 ハインライン『宇宙の孤児』より引用
  • さらに、在宅の場合も留守の場合も、パリにいてもカイロにいても、神父は施しをし続け、その覗き穴は、召使いが主人の名で行なう施し物の渡し口ともなっている。 アレクサンドル・デュマ/泉田武二訳『モンテ・クリスト伯(3)』より引用
  • 厩では、秣棚まぐさだなの馬が馬丁たちに向かっていななき、馬丁たちは、召使いが主人に向かって喋るとき以上の尊敬をこめた言葉で馬に語りかけていた。 アレクサンドル・デュマ/泉田武二訳『モンテ・クリスト伯(3)』より引用