召使いが一人

5 の用例 (0.00 秒)
  • いていえば、あの階級の家庭でありながら、召使いが一人もいないことくらいのものだという。 ドイル/延原謙訳『シャーロック・ホームズの最後の挨拶』より引用
  • 家の中に怪しいと思われる様子はまったくなく、ただあの階級の人にしては、召使いが一人もいないのが変だと思われただけだった。 ドイル/鈴木幸夫・鮎川信夫・内田庶・中尾明訳『シャーロック・ホームズ全集(下)』より引用
  • 選帝侯家ともなれば、良心の呵責かしゃくより忠誠心に重きを置く召使いが一人か二人は必要なのだろう。 ヨーヴィル『ドラッケンフェルズ』より引用
  • 召使いが一人、サロンの戸口のところへ来たが、ジュリアンはラテン語をしゃべることをやめなかった。 スタンダール/大久保和郎訳『赤と黒(上)』より引用
  • で、それがどんな結果になるかは従姉ねえさんにもおわかりでしょう、だって、セント・クレアは、召使いが一人残らずあの人を踏みつけていったって手をあげるようなことはしないでしょうからね。 ストウ/山屋三郎・大久保博訳『アンクル・トムズ・ケビン(上)』より引用