召使

全て 名詞
3,470 の例文 (0.01 秒)
  • 私は召使たちに夜の暇を出してから十一時半に寝てしまいましたからね。 ...
  • 即ち一つの王国をもってこれを支配し、神と同じく召使たちをもっている。 ...
  • 召使はその口上を伝えてから、屋敷の二階の広い控えの間に彼を通した。 ...
  • それはネザーフィールドからきたもので召使は答えを待っておりました。 ...
  • 彼女がまだ出ていかないうちに、召使たちもお祝いを言いにやって来た。 ...
  • そのころになると、彼のあとについて来る召使は五、六人になっていた。 ...
  • 召使を雇うときには気をつけて、有能なのは避けるようにしているんだ。
  • うちの中にはねむりいている二人の召使の外には誰もいない筈だった。 ...
  • 王女といっしょに、十数人の近衛兵このえへいや召使たちもいなくなってしまった。 ...
  • あの家に昔からいる召使で、その子の世話をしについて来たのです。 ...
  • 彼らは死んだ幹部の家族ではないし、また妻でも召使でもなかった。 ...
  • 妹が屋敷の召使・・などに一目置くようだったら、怒るのが当然じゃないか。 ...
  • 彼女はその召使がヴロンスキーの手紙を持って来たものと考えたふうだった。 ...
  • しかし冷静な老人である彼女の父は、召使たちのほうを向いて言った。 ...
  • まず台所へ降りて行って、二人の召使をきちんとベッドに横たえてやった。 ...
  • 召使や奴隷たちをあごで使うことになれている人の口調だからだ。 ...
  • 現に、小田家の召使は、主人が妻をった所を数回見たというのです。 ...
  • 次へ