召使

全て 名詞
3,176 の用例 (0.01 秒)
  • 私は召使たちに夜の暇を出してから十一時半に寝てしまいましたからね。 クイーン/石川年訳『フランス・デパート殺人事件』より引用
  • 即ち一つの王国をもってこれを支配し、神と同じく召使たちをもっている。 太宰治『誰』より引用
  • 昨日食堂車で、イタリア人と召使と一緒にテーブルについていた人物だ。 クリスティ/古賀照一訳『オリエント急行殺人事件』より引用
  • そのころになると、彼のあとについて来る召使は五、六人になっていた。 ガボリオ/松村喜雄訳『ルコック探偵(上)』より引用
  • それはネザーフィールドからきたもので召使は答えを待っておりました。 オースティン/伊吹知勢訳『高慢と偏見(上)』より引用
  • それは富裕な子のなかのひとりで、大勢の召使を持っている身ですから。 佐藤正彰訳『千一夜物語 06』より引用
  • 彼女がまだ出ていかないうちに、召使たちもお祝いを言いにやって来た。 トルストイ/中村白葉訳『アンナ・カレーニナ(中)』より引用
  • 召使はその口上を伝えてから、屋敷の二階の広い控えの間に彼を通した。 スタンダール/大久保和郎訳『パルムの僧院(下)』より引用
  • その自然において主人であるべき者が、召使の役割を与えられたのだった。 ストレイチー・リットン『エリザベスとエセックス』より引用
  • 今まで召使がいた場所には、とても美しい若い女性が立っていました。 ジョーンズ『ハウルの動く城02 アブダラと空飛ぶ絨毯』より引用
  • しかし冷静な老人である彼女の父は、召使たちのほうを向いて言った。 パール・バック/大久保康雄訳『大地(2部)』より引用
  • おそらく、召使たちは起きて出て行く勇気がなかったにちがいありません。 モーパッサン/榊原晃三訳『モーパッサン怪奇傑作集』より引用
  • 王女といっしょに、十数人の近衛兵このえへいや召使たちもいなくなってしまった。 バローズ『火星シリーズ02 火星の女神イサス』より引用
  • 召使たちが出ていったことはいったが、いまからその理由を教えてやろうか。 ラヴクラフト全集4『05 「彼方より」』より引用
  • 召使たちのあたまほど、男と女の関係によく気のつくものはないからである。 パール・バック/大久保康雄訳『大地(3部)』より引用
  • 召使が部屋を出て行くとき、その眼が衝立スクリーンの方向へ動いたように思われた。 ワイルド/渡辺純訳『ドリアン・グレイの肖像』より引用
  • おぼえてるだろう、寝椅子にいた女の上にかがみこんでいた召使のことを。 ガードナー/能島武文訳『義眼殺人事件』より引用
  • いま申したもう一人の男というのは、余が全幅の信頼をおいている召使だ。 バローズ『火星シリーズ10 火星の古代帝国』より引用
  • 召使たちの心配も、もう次郎雅景には通じなくなってきはじめたようだ。 杉本苑子『続々今昔物語ふぁんたじあ』より引用
  • 召使が代わりに来るように公爵にすすめねばならないと言いに来たのである。 スタンダール/宗左近訳『カストロの尼』より引用
  • 次へ »

召使 で始まる単語