召す

全て 動詞
294 の用例 (0.00 秒)
  • 自分の子もおりましたんですけど、神さまに召されてしまったんですの。 トルストイ/北垣信行訳『トルストイ民話集2「人間にはたくさんの土地が必要か」』より引用
  • あの縞のお召しの着物なんていうのは、どこから覚えてくるんだろうね。 麻生芳伸編『落語百選 春』より引用
  • 法に触れない場所なら、依頼人のお気に召す場所どこにでも向かう船だ。 沢木冬吾『償いの椅子』より引用
  • もしよかったら先生もお茶を召しあがりに、おでになって下さいません? 徳田秋声『仮装人物』より引用
  • この城で召し使われているのは、王子にたましい呪縛じゅばくされた幽霊たちだった。 橘香いくの『ブランデージの魔法の城2 魔王子さまと鏡の部屋の秘密』より引用
  • 鼻の穴には歯も舌も無いのに、どうして御飯や何かを召し上るのですか。 夢野久作『オシャベリ姫』より引用
  • これは召されないのだが、主家の一大事の裁判だから出て来たのである。 海音寺潮五郎『列藩騒動録(一)』より引用
  • 子供のころから使つかいたちに世話をしてもらっていたのだからしかたない。 水野良『魔法戦士リウイ 第02巻』より引用
  • もっともお年を召した方の楽しみと、若いうちの楽しみとはちがいます。 今村信雄編『古典落語(中)』より引用
  • それ以来、お舟の方が将軍に召された夜は十指で数えるにもあたるまい。 山田風太郎『忍びの卍(まんじ)』より引用
  • そしてあらゆる悲しみも今は喜びの装いをする召し使いのように思われた。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • 召し使いが部屋をでたとき、木こりがもどってきて、小さい声でいった。 日本民話の会編訳『世界昔ばなし(下) アジア・アフリカ・アメリカ』より引用
  • キリストが天に召される時に、付き添ったのも力天使たちであるという。
  • まるで、列車が無事に停まった代わりに妹がされたような気がしました。 桜庭一樹『GOSICK 第6巻』より引用
  • 翌日あくるひになると帰さない、其晩そのばん女中が云ふには、お奥でやかたが召しますつさ。 泉鏡花『二世の契』より引用
  • お気に召さないかもしれませんが、法律でそのようにきまっております。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • あと数分もするとセニョールは神に召され、とこしえの眠りにつくのだ。 東郷隆『(定吉七番シリーズ 3) 角のロワイヤル』より引用
  • 屋敷を建て増し、たくさんの召し使いをおき、全てのものに金をかけた。 オースティン/ハーディング祥子訳『エマ(上)』より引用
  • わずか三年足らずの間にホンダの二人の創業者が相次いで天に召された。 佐藤正明『ホンダ神話 教祖のなき後で(下)』より引用
  • 先輩のお気にすだけあって変な人には間違いないんだろうけどね。 沖田雅『先輩とぼく 03』より引用
  • 次へ »