召し捕ろ

全て 動詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 大坂で馬場が召し捕られたことを知るはずの元助らはまだ懲りていなかった。 ...
  • それに、さっき馬のあとからついてきた連中はみな召し捕り役人だったのである。 ...
  • それでもいよいよ運がつきて、七兵衛に召し捕られてしまったんです。 ...
  • 表向きは盗賊の召し捕りの際に命を落としたことになるはずである。 ...
  • 彼はその指を伸ばして、警護の士に向かい、かの者を召し捕れと命令した。 ...
  • 召し捕られて重罪に処せられるよりも、コロリで死んだがしであろう。 ...
  • こういうわけで、彼はその夜のうちに召し捕られてしまった。 ...
  • あと一人は翌る年、奥州の伊達だて領で召し捕られて江戸に護送された。 ...
  • 半七もその召し捕りにむかった一人であった。 ...
  • あの女をまた召し捕って来いとの主君の命は、思いもかけぬまさかの仰せ。 ...
  • その夜の捕物で、召し捕られた住吉桂山すみよしけいざんが引き立てられて行く姿をである。 ...
  • 猪之助は板橋で召し捕られ、三人殺しの罪で処刑になりました。 ...
  • 身を変えての追手役、召し捕る相手は俺の従兄、古い物語にでもありそうだ。 ...
  • 主だった三人が召し捕られたことは町中にひろまっていた。 ...
  • 小役人どもはさっそくその夜、李桂姐の家を襲って五人の者を召し捕る。 ...
  • 召し捕りに来て失望した男は、神田の半七の子分の善八であった。 ...
  • 人を召し捕るお役所が、祝麻子あばたや孫寡嘴だまりを目こぼししたってんですからね。 ...