叫び

全て 名詞 動詞
17,440 の用例 (0.03 秒)
  • 最初は天井を見上げて言ったのだが、次には軒の方に向って叫びました。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • 私は降りしきる雪のなかを何か叫びながら歩いてゆくやうな気持だつた。 原民喜『小さな村』より引用
  • そして彼は自分に叫びかける一つの声を、異様な声を、頭の奥に聞いた。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • と、後から急に狼狽したように叫びつつ彼は手を振りながら飛び出した。 金史良『天馬』より引用
  • ということは、たしかに、今そこで現実の人間たちの叫びであったのだ。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • 正体を見破られたと知ったので、権之兵衛が叫びながら駈け出しました。 佐々木味津三『旗本退屈男』より引用
  • 雪に接している白い小さい唇が、彼等に何事かを叫びかけそうだった。 黒島伝治『橇』より引用
  • 突然あの人の前に跪いて許して下さいと叫びたくて仕方がないのです。 坂口安吾『狼園』より引用
  • それでびっくりしたままに思わず大声あげて叫び出したのであった。 相馬泰三『田舎医師の子』より引用
  • 私はいまジャーナリズムのヒステリックな叫びの全部に反対であります。 太宰治『返事』より引用
  • 彼らの記事のあるものを読んだとき、クリストフは憤激の叫びを発した。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • と叫びましたが、酒場の中はしーんとして返事をする者もありません。 小熊秀雄『小熊秀雄全集-14 』より引用
  • 腹をえぐられた男は、血をしぼられる豚のように鋭い叫びを挙げていた。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • 三四人の者が口口に何か叫びながら潰れた家の取付きの所で騒いでいた。 田中貢太郎『変災序記』より引用
  • 古千屋はつづけさまに叫びながら、その度に空中へおどり上ろうとした。 芥川竜之介『古千屋』より引用
  • そうしてそれは人の名前が叫びあげられたようにも感じられた。 富ノ沢麟太郎『あめんちあ』より引用
  • 巷談師のうしろから大声で叫びながら、自転車で追ってきた女の子がいる。 坂口安吾『巷談師』より引用
  • 俺はきいた、俺はきいた、全身を耳にして俺は愛するお前の叫びをきいた。 浜尾四郎『彼が殺したか』より引用
  • 兵士達が行くと、烏は、かあかあ鳴き叫び、雲のように空へまい上った。 黒島伝治『渦巻ける烏の群』より引用
  • と叫びながら側にあったウイスキーの壜をとって打ってかかりました。 浜尾四郎『死者の権利』より引用
  • 次へ »

叫び で始まる単語