叩く

全て 動詞
6,699 の用例 (0.01 秒)
  • 何度叩いても開かれない門のあることは我々も亦知らないわけではない。 芥川竜之介『続西方の人』より引用
  • 誰か訪れて来たものがあるらしく、しきりに門を叩いているようだった。 堀辰雄『かげろうの日記』より引用
  • 誰かが扉の羽目板のひとつをとてもゆっくりと叩いているのは明らかだ。 ドイル・アーサー・コナン『緋のエチュード』より引用
  • また叩く音がして人の声がしたが、言っていることは聞きとれなかった。 アンデルセン/神西清訳『即興詩人(下)』より引用
  • やがて濡れたものでなにかをたたくような鈍い音が何度も耳に入ってきた。 瀬名秀明『パラサイト・イヴ』より引用
  • にもかかわらず、彼女は肩でもたたかれたようにその声に反応してしまう。 多島斗志之『症例A』より引用
  • こんなに強く何度もドアを叩いて、手が痛くならないんだろうかってね。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • そのとき信長は、いきなり歩いて来て、この少年の肩を二つ三つ叩いた。 吉川英治『黒田如水』より引用
  • そう思いながらぼんやりと電車を見ていると、うしろから肩を叩かれた。 半村良『幻視街』より引用
  • 彼は刀を持ったなりに雨戸の方へ歩いて往って、右の手でそれをたたいた。 田中貢太郎『頼朝の最後』より引用
  • そこまで言って、急に、誰かに勢いよく胸をたたかれたような感じがした。 時雨沢恵一『キノの旅 第02巻』より引用
  • それは恰度眼に見えぬ何者かが、彼女の耳を叩いたかのように思われた。 小酒井不木『怪談綺談』より引用
  • 放しながら、秋三を叩いている所を想像すると、尚お彼の力は加わった。 横光利一『南北』より引用
  • しばらくぶりに会う彼女の頬にはよく、誰かに叩かれた痣が残っていた。 村山由佳『星々の舟』より引用
  • 山口は甲谷の背中を強く叩いて階段を連れて上ってから水を飲ました。 横光利一『上海』より引用
  • も少し痛いかと思って少し強くたたいて見たがどうもまだなまぬるかった。 小出楢重『めでたき風景』より引用
  • 要するに叩かれる前にきたるべき襲撃しゅうげきに備え防衛線を張ったわけである。 清野静『時載りリンネ!2 時のゆりかご』より引用
  • 父親とうとにあんだけ叩かれたのは、あとにもさきにもあれがはじめてやった。 半村良『赤い酒場』より引用
  • 予想どおり、二人がこの場面に到着して間もなく、ドアを叩く音がした。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 06b ハリー・ポッターと謎のプリンス(下)』より引用
  • アミが階段をおりはじめたとき、何かを叩くような音が下から聞こえた。 ラヴクラフト全集4『01 「宇宙からの色」』より引用
  • 次へ »