叩きつける

全て 動詞
1,453 の用例 (0.01 秒)
  • 年が下だと思って安心してると妙なところでたたきつけられてしまいますよ。 森本薫『華々しき一族』より引用
  • 攻撃の大きさがかれの心を、物理的な打撃と同じほどに叩きつけたのだ。 ハーバート『デューン・砂の惑星3』より引用
  • 僕の顔は何かわからぬものをかっと内側に叩きつけている顔になっている。 原民喜『鎮魂歌』より引用
  • 僕の顔は何かわからぬものを嚇と内側に叩きつけてゐる顔になつてゐる。 原民喜『鎮魂歌』より引用
  • 濁った悲鳴と共に一回転して男の身体は背中から甲板に叩きつけられた。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 04 ストラグル・クリムゾン』より引用
  • 今にも嵐になりさうな空の下を悲痛に叩きつけられた巨人が歩いてゐた。 原民喜『鎮魂歌』より引用
  • 今にもあらしになりそうな空の下を悲痛にたたきつけられた巨人が歩いていた。 原民喜『鎮魂歌』より引用
  • 誰かがドアのうしろに隠れていたとしたら、壁に叩きつけられている筈だ。 大藪春彦『名のない男』より引用
  • この男の顔を見たとき、カシューはたたきつけるようにそう言ったものだ。 水野良『ロードス島戦記 7 ロードスの聖騎士(下)』より引用
  • 岩にたたきつけられたのだろうが、どこから落ちたのかさえ分からなかった。 水野良『ロードス島戦記 4 火竜山の魔竜(下)』より引用
  • とにかく目の前のスクリーンをつかんで、ゆかに叩きつけたい気分だった。 賀東招二『フルメタル・パニック!11 ずっと、スタンド・バイ・ミー(上)』より引用
  • それでもなお痛烈な捨てゼリフをたたきつけぬわけにはいかなかったのだ。 山下洋輔『ドバラダ門』より引用
  • あたしは空になったグラスを、カウンターの上に叩きつけるように置いた。 高千穂遙『ダーティペアシリーズ01 ダーティペアの大冒険』より引用
  • 脚の間に割って入った一個の黒い塊が、叩きつけるように腰を振っていた。 永瀬隼介『サイレント・ボーダー』より引用
  • 腕を引きぬこうとした獣士がいたが、逆に地面にたたきつけられてしまった。 千葉暁『アルス・マグナ4 大いなる秘法 邪教の都』より引用
  • そしてその絶叫の中でも、砂袋をたたきつけるような鈍い音を聞いていた。 牧野修『スイート・リトル・ベイビー』より引用
  • 地面に叩きつけられる瞬間は、受身をとる余裕すら見つけられなかった。 荒俣宏『帝都物語5』より引用
  • 伊藤が、手に持ったボールペンを、たたきつけるような強さで机に置いた。 重松清『疾走(下)』より引用
  • 応接室の扉を叩きつけるその勢いに、彼の心の苛立いらだちがあらわれていた。 荒俣宏『帝都物語1』より引用
  • 女の姿が奥に消え、そしてたたきつけられでもしたように再び窓の前に現れた。 牧野修『屍の王』より引用
  • 次へ »