叩き

全て 動詞 名詞
11,865 の用例 (0.02 秒)
  • 湿度も気温もほとんど観測かんそく史上最大値をたたき出しているような気がする。 谷川流『電撃!!イージス5 第01巻』より引用
  • 土壁の傍で土遊びをしていた二三の子供達が手を叩きながらはやしたてた。 金史良『天馬』より引用
  • 並んでいる自動車の窓という窓ガラスが滅茶苦茶に叩き砕かれていった。 横光利一『旅愁』より引用
  • 椅子でもって、戻ってきたところを狙ってあの男の脳天を叩き割るかね。 イネス/池央耿訳『孤独なスキーヤー』より引用
  • そう言って女性は、立ちあがって鈴木さんの肩を叩き、私の名を言った。 山口瞳『草野球必勝法』より引用
  • 自分は、彼女が帰り次第、真向から時計を叩き返してやりたいと思つた。 菊池寛『真珠夫人』より引用
  • 何かの道具で叩きこわしてはいって来るのさ、ねえ、そうじゃあないか。 岡本綺堂『雪女』より引用
  • お婆さんはすぐ眼をあけたが、太陽の光線を受けて眼叩まばたきを繰り返した。 佐左木俊郎『蜜柑』より引用
  • と大切そうに紙入れを軽くたたき、内ポケットの奥ふかく収めたのである。 ドイル『プライオリ学校』より引用
  • キーを叩きはじめると、押し込む途中の引っかかりの強さが気になった。 富田倫生『パソコン創世記』より引用
  • 横で、女の子が短く手を叩きながら、少し驚いたような笑みを見せた。 九里史生『SAO Web 03』より引用
  • まるでもう丸太ン棒のような文句で叩き出されてしまったのである。 坂口安吾『桂馬の幻想』より引用
  • それこそ磐石ばんじやくをもって卵を圧するがごとくたたき破ることが出来るはずだ。 海音寺潮五郎『平将門 中巻』より引用
  • ところで、彼等は、この膀胱で、傍に立っている男の口や耳を叩きます。 原民喜『ガリバー旅行記』より引用
  • すると、貴族たちは、叩き役の助けをかりて、喜んで答えてくれました。 原民喜『ガリバー旅行記』より引用
  • これは叩き起こしてでも注意しておかなければならないとおもった。 森村誠一『致死家庭』より引用
  • 彼はさう思ふと、その次の瞬間さつと大きな翼を羽叩きして、飛び上つた。 薄田泣菫『独楽園』より引用
  • 刀と刀でチャンチャンと叩き合うのもあんまり新しいともいえねえぜ。 吉川英治『銀河まつり』より引用
  • 天上に導く力があるものは、また地上に叩き落す力もなければならない。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • これならば何百キロであろうと叩き落として絶対安全である。 佐野良二『われらリフター』より引用
  • 次へ »