古都

全て 名詞
1,047 の用例 (0.02 秒)
  • 古都子は時々、彼らと自分には根本的な違いはないのではないかと思う。 上遠野浩平『わたしは虚夢を月に聴く 校正06 03 15』より引用
  • キリのほうの連中は、例外なしに古都パリに足をとられた連中であった。 小田実『何でも見てやろう』より引用
  • ただお寺と神社さえ残っていれば、古都と言えるわけではないのだから。 姉小路祐『死の逆転 ―京都が危ない』より引用
  • この興台産霊ココトムスヒ神の興台ココトと好古都国とは大いに関係があるように思われる。 宮崎康平『まぼろしの邪馬台国』より引用
  • ポーランドの古都クラクフのユダヤ人街の、靴屋の息子として生まれた。
  • 都市としての歴史は古く、紀元前に存在したカリンガ国の古都であった。
  • 美古都さんが自宅にもどっていないことは気づいているはずだから。 三雲岳斗『レベリオン 第02巻』より引用
  • 今、この文章は非常な自信をもってうしなわれた古都について書き誌していた。 光瀬龍『百億の昼と千億の夜』より引用
  • 古都子は自分自身も引き金の安全装置を解除しながら静かな声で命じる。 上遠野浩平『わたしは虚夢を月に聴く 校正06 03 15』より引用
  • 何としても、彼らより先に美古都をみつけて保護しなければならない。 三雲岳斗『レベリオン 第02巻』より引用
  • 古代には黎陽と呼ばれた古都で、三国時代には官渡の戦いの舞台となった。
  • 彼女の言うとおり、美古都を救う方法はほかにあったのかもしれない。 三雲岳斗『レベリオン 第02巻』より引用
  • この年に、インドは古都カルカッタから首都をデリーに移したのである。 高殿円『カーリー 2 二十一発の祝砲とプリンセスの休日』より引用
  • 昨日きのうの夜、彼女は美古都に会うために恭介の家を訪れることになっていた。 三雲岳斗『レベリオン 第02巻』より引用
  • 美古都の様子ようすを見る限り、勝手に家を出ていくことはないだろう。 三雲岳斗『レベリオン 第02巻』より引用
  • それは美古都みことを守りきれなかった自分自身に対する怒りでもあった。 三雲岳斗『レベリオン 第02巻』より引用
  • それはいうまでもなくこの邪馬台国の台と、伊都国と好古都国の都である。 宮崎康平『まぼろしの邪馬台国』より引用
  • がっくりうなだれた紺藤とともに、僕は古都の道を歩いていくのだった。 平坂読『ホーンテッド! 2』より引用
  • 長い歴史を持つ古都であり、かつ現在の蘇格国の政治の中心たる王都でもある。 定金伸治『ユーフォリ・テクニカ王立技術院物語』より引用
  • 少なくとも、この駅ビルから見る光景には、古都という雰囲気はない。 姉小路祐『風水京都・竹の殺人』より引用
  • 次へ »

古都 で始まる単語