古海忠之

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 星野を団長に、古海忠之、松田令輔などが大蔵省満州国派遣団の一員だった。
  • 「甘粕を単純に〝右翼〟と呼ぶのは当らない」と古海忠之は語る。 ...
  • 「甘粕は酒好きだったが、女も決して嫌いではなかった」と、公私ともに最後まで親交を続けた古海忠之は語る。 ...
  • のち満洲国総務庁次長となった古海忠之は昭和七年、大蔵省から満洲国政府へ派遣された時、父から甘粕への紹介状をもらった。 ...
  • 古海忠之は〝男の惚れる男〟と呼び、武藤富男は「甘粕は磁石のように人をひきつける男だった」と書いている。 ...
  • 撫順戦犯管理所に収容された者は、旧満州国で終戦を迎えた後、シベリア抑留を経て1950年に中国に移送されており、その中には愛新覚羅溥儀、張景恵、古海忠之などがいる。 ...
  • もともと古海忠之の影響で野球に関心を持っていた甘粕は、その場で野球のグラウンド、テニス、バレー、バスケットのコート、陸上競技場をつくることを決めた。
  • 甘粕は古海忠之を訪れて、言った。 ...
  • 「石原が関東軍参謀副長から舞鶴要塞司令官に左遷された直接の原因は、協和会問題による私との大喧嘩だ」と古海忠之は語る。 ...
  • 武部長官以下政府幹部の緊急会議の席から古海忠之と、民生部次長であった関屋悌蔵とを呼び出した甘粕は「明晩、満映理事長室でウイスキーの会をやるから来て下さい」と告げて去った。 ...
  • 会長は甘粕、理事団には古海忠之も名を連ね、専務理事の清野剛は甘粕の受けた功労金を株式に投資して巨利をあげ、大東協会の基金を強固なものにした。 ...
  • 同期に古海忠之ら。 ...
  • 子に元経済企画庁国民生活局長の小金芳弘、義弟に満州国国務院総務庁次長を務めた古海忠之。
  • 時期に前後の差はあるが、甘粕と親しかった主な人々は、岸信介、古海忠之、武藤富男、半田敏治、皆川豊治、飯沢重一、関屋悌蔵、藤山一雄、星子敏雄などである。 ...
  • この会に招かれたのは古海忠之、大園長喜、半田敏治、和田日出吉、関屋悌蔵、飯沢重一、福岡謙吉、星子敏雄など、日ごろ甘粕と親しい人々ばかりであった。 ...