古来

全て 名詞 副詞
5,804 の用例 (0.02 秒)
  • 女子が男子の助成者となるには古来既に女子の可能を傾けて捧げて居る。 与謝野寛『巴里より』より引用
  • 古来からこの難事業に全然のいさおしを収め得たる画工があるかないか知らぬ。 夏目漱石『草枕』より引用
  • 日本では古来からして、あらゆる文化が素朴自由の様式で特色している。 萩原朔太郎『詩の原理』より引用
  • 古来からこの難事業に全然のいさおしを収め得たる画工があるかないかしらぬ。 夏目漱石『草枕・二百十日』より引用
  • そして古来、大義名分を持たない者が最終的な勝利をおさめた例はない。 鈴木大輔『ご愁傷さまニノ宮くん 01』より引用
  • ところが、古来記憶力の弱い名優が案外に多いことは皮肉な現象である。 岸田国士『俳優の素質』より引用
  • また菊と紅葉とは古来秋に定めたれど実際は立冬後半月位の間に盛なり。 正岡子規『墨汁一滴』より引用
  • 古来の歴史を見てもどうしてもそうなるべきはずであると考える。 正岡子規『病牀苦語』より引用
  • 古来例のない、非常な、この出来事には、左の通りの短い行掛りがある。 森鴎外『女の決闘』より引用
  • 古来例の無い、非常な、この出来事には、左の通りの短い行掛りがある。 太宰治『女の決闘』より引用
  • その中には古来多数の人々の審美感が織り込まれている様に思われる。 小林秀雄『モオツァルト・無常という事』より引用
  • 古来より超常現象に取り憑かれるのは堕落のはじまりになることが多い。 酒見賢一『泣き虫弱虫諸葛孔明』より引用
  • オフルの地はどこにあったかについて、古来多くの説が出されている。 酒井傳六『古代女王ものがたり』より引用
  • 古来、ずいぶん大勢の男たちがこんな瞬間を通過しているのだろう。 阿刀田高『花の図鑑(上)』より引用
  • 道具は人体の延長だという考えは、古来いろいろな人が表明している。 養老孟司『ヒトの見方』より引用
  • こういう点で自分が特に面白く思うのは古来の支那画家の絵である。 寺田寅彦『津田青楓君の画と南画の芸術的価値』より引用
  • それ以来僕は古来の武士の死にかたをいろいろと研究し出した。 大杉栄『自叙伝』より引用
  • 古来政治的天才とは民衆の意志を彼自身の意志とするもののように思われていた。 芥川竜之介『侏儒の言葉』より引用
  • このエネルギーは古来からいろいろな呼ばれ方をしてきている。 横尾忠則『わが坐禅修行記』より引用
  • 古来英雄というものには、みな人を引きつける一つの力を備えている。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • 次へ »