古今亭志

310 の用例 (0.01 秒)
  • 恐らくこの「生活」なくして今日の古今亭志ん生は得られなかったろう。 正岡容『随筆 寄席囃子』より引用
  • 病院を出たその足でタクシーに乗って古今亭志ん生の家を訪ねた。 矢野誠一『志ん生のいる風景』より引用
  • まだ長男が、十代目の金原亭馬生を襲名する前の古今亭志ん橋の時代だ。 矢野誠一『志ん生のいる風景』より引用
  • 古今亭志ん生が脳溢血で倒れたのは、一九六一年十二月十五日のことである。 矢野誠一『志ん生のいる風景』より引用
  • また、5代目古今亭志ん生の最初の師匠として歴史に名を残している。
  • それが馬生の副会長としての政治なのだが、同時にそれは古今亭志ん生の意志でもあったのだ。 矢野誠一『志ん生のいる風景』より引用
  • 数ある演者の中でも、最も有名なのが5代目の古今亭志ん生だろう。
  • だから馬風は昭和四十八年に死んだ名人五代目古今亭志ん生のおとうと弟子にあたるわけだ。 矢野誠一『さらば、愛しき藝人たち』より引用
  • 前の二本が五代目古今亭志ん馬で、残りの四本は七代目金原亭馬生の名になっている。 矢野誠一『志ん生のいる風景』より引用
  • ある女性が、文楽と4代目古今亭志ん生の両方と男女関係にあった。
  • 一方、古今亭志ん生というひとは、医者ぎらい、薬ぎらいで通っていた。 矢野誠一『志ん生のいる風景』より引用
  • 一説には5代目古今亭志ん生が名乗った名前のひとつだと言われる。
  • 私の死んだ時もこれをお経の代わりにやってくださいよ、その時古今亭志ん生はこう言ったっけ。 正岡容『随筆 寄席風俗』より引用
  • 古今亭志ん生には、まったくそなわっていない神経といっていい。 矢野誠一『志ん生のいる風景』より引用
  • 主な演者には、六代目三遊亭圓生や五代目古今亭志ん生などがいる。
  • 古今亭志ん生が逝って十年になるのだが、その評価はますます高まっているようだ。 矢野誠一『志ん生のいる風景』より引用
  • そんなところに、古今亭志ん生の出番がまわって来たのである。 矢野誠一『志ん生のいる風景』より引用
  • もうしばらく金原亭馬生から見た、父親としての古今亭志ん生像について書く。 矢野誠一『志ん生のいる風景』より引用
  • それでいながら、桂文楽におとらぬ稽古を古今亭志ん生もしていたらしい。 矢野誠一『志ん生のいる風景』より引用
  • 今は亡い落語家の古今亭志ここんていししようさんに、貧乏びんぼう時代のことを書いた随筆ずいひつがある。 吉村昭『事物はじまりの物語』より引用
  • 次へ »

古今亭志 の使われ方