古くさく

全て 形容詞
74 の用例 (0.00 秒)
  • なるほどこれらの道具立ては今日では古くさくなったかもしれない。 シェイクスピア/三神勲訳『マクベス』より引用
  • 花の湯は古くさく、脱衣所は雨の日の下水のような匂いがした。 角田光代『幸福な遊戯』より引用
  • 萩原老人の演出は、いかにも古くさく、従来の型に寄りかかり過ぎていた。 赤川次郎『ミステリ博物館』より引用
  • 古くさくて、不明瞭なものであったが、疑いもなくその声は故郷からきたものだった。 ムーア『暗黒界の妖精―ノースウェスト・スミス』より引用
  • 凡ての話題は彼等に古くさくなってしまったのである。 菊池寛『極楽』より引用
  • 頑固で古くさくて迷信に凝りかたまった、どうしようもない連中なのだ。 かんべむさし『建売住宅温泉峡』より引用
  • みんなあなたのいうように古くさくて、ごてごて飾りすぎているわ。 原田義人『城』より引用
  • しかし当時最新の知識を使ったがために、現代に読むと古くさく見えるという欠点も伴っている。
  • その絵と字体がなんともいえず古くさく、救いようのない暗さである。 吉行淳之介『犬が育てた猫』より引用
  • 雅楽が古くさくて見られなかったというのではない。 小田実『何でも見てやろう』より引用
  • それご覧、おまえの道化も古くさくなったのよ、みんなに嫌われるんだから。 シェイクスピア/三神勲訳『十二夜』より引用
  • たしかにそのなかで使われている材料は十九世紀の経済からとられたもので、いまの経済と比べるといかにも古くさくみえる。 今村仁司『マルクス入門』より引用
  • 思いやりの深い人、そういう人はもつさりしてのろいものと思つていた私などは古くさくなつていたのだろう。 中野重治『室生犀星』より引用
  • いまや古くさくなった鏑木の音楽が、彼女の耳には真新しく聞こえるだけの話なのだ。 桜坂洋『よくわかる現代魔法 第02巻 ガーベージコレクター』より引用
  • メグレのいったトリックは、古くさくはあったが、うまくいけばとても効果がある。 シムノン/長島良三訳『メグレ夫人の恋人』より引用
  • 人によっては、そんな問題古くさくて解いてらんないってこともあって、きっと今回はそういうことだったんじゃないでしょうか。 内田春菊『彼が泣いた夜』より引用
  • 古くさくなったデザインの指輪やペンダントを新しいデザインに作り替えるのだ。 柴田よしき『ラスト・レース 1986冬物語』より引用
  • もう古くさくなってしまったとでも? シェイクスピア/福田恆存訳『ハムレット』より引用
  • 青い屋根瓦に青い竿竹、青い色がいつもより古くさく見えた。 綿矢りさ『蹴りたい背中』より引用
  • こうした青春の生きた人物たちが現れると、何とこのベルニーニは古くさく野暮やぼに見えることだろう。 福永武彦『風土』より引用
  • 次へ »