古くから信仰

74 の用例 (0.00 秒)
  • このため、古くから信仰の対象になるなど、重要な意味を持って扱われている。
  • 地元では「八本様」とばれて古くから信仰しんこうの対象になっているそうである。 森村誠一『異型の街角』より引用
  • 一帯は出雲信仰と相俟って、古くから信仰の地としても著名である。
  • アルビノも例外ではなく、古くから信仰の対象として地元の人たちに大切にされてきた例がある。
  • この神社の創建年代については不詳であるが、古くから信仰されてきた神社である。
  • 鳥居前には河内と大和を繋ぐ行基道が通じており、古くから信仰を集めた。
  • 雨山は、その名の通り、雨乞いの山として古くから信仰を集めてきた山である。
  • 古くから信仰の山とされていた。
  • 古くから信仰の対象とされている。
  • 商売の神様として古くから信仰を集めているという。
  • 境内に聖天堂があり、古くから信仰を集め平井聖天とも称される。
  • この地域で古くから信仰されていた社が、宝永年間に現在地に遷座したものと考えられている。
  • 滝の姿が観音菩薩が合掌しているように見えることから、古くから信仰の対象となっている。
  • 両界曼荼羅や十二天の一人として描かれることがほとんどであるが、火は古くから信仰の対象とされ、特に密教では重要視されたようである。
  • 古くから信仰の対象になっており、現在でもお遍路さんや修験者などの往来の多いところがある。
  • 古くから信仰の対象として人々が祭祀を行う聖地は存在していた様であり、それらの聖地は様々な名称で呼ばれていたようである。
  • アグン山は「火の神が住む山」を意味しており、島の守護神がいる場所として古くから信仰の対象とされてきた。
  • 古くから信仰の対象の山であり、山麓には吾妻山神社が祀られ、修験道の山とされた。
  • 甲斐駒ヶ岳はまた、古くから信仰の対象ともなってきた。
  • 伝統宗教とは、新しく創唱されたり布教されたりする宗教に対し、古くから信仰されている宗教である。
  • 次へ »