古くから交通の要衝

30 の用例 (0.00 秒)
  • 古くから交通の要衝等の重要拠点として大きな都市が形成されていた。
  • ダーウェント川に沿うこの地は、古くから交通の要衝とされてきた。
  • 古くから交通の要衝であり、ヤンゴンとマンダレーを結ぶバスがこの町を通る。
  • 地理的にはエジプトとシリアの間に位置しており、古くから交通の要衝としての地位を占めていた。
  • 鉄道と河川を備え、古くから交通の要衝であったことから卸売業などの商業活動も栄えている。
  • 古くから交通の要衝であったため、人と物が集まって「市」をなしていたことが古市の地名の由来とされている。
  • 古くから交通の要衝として栄え、鎌倉時代に整備された鎌倉街道や江戸時代の東海道の跡を市内に見ることができる。
  • 区の北寄りを旧東海道が東西に走り、奈良方面への奈良街道も通じるなど、古くから交通の要衝であった。
  • 渡し船の地、および河川の水運を利用した高瀬舟の基地として古くから交通の要衝となっていた。
  • 遊郭の起源については不明であるが、八日市が市場町であること、古くから交通の要衝であったことから、近代以前であると考えられている。
  • さまざまな出土品から、少なくとも縄文時代の始め頃から人が住んでいたと考えられており、古くから交通の要衝として栄えた場所でもある。
  • 古くから交通の要衝であった当地は、東海道の東西の往来のほかに、周辺の地に枝分かれする道が存在する。
  • 古くから交通の要衝であった知立市は、知立駅周辺の通りのほかに東海道と交わる地方の主要街道が分岐している。
  • 創祀の年代等は明らかではないが、当地が古くから交通の要衝であったこと、社宝の神代鉾・鉄鐸・御正体があること等から、極めて古い神社であると見られている。
  • 市の中心である林野地区は古くから交通の要衝で戦国時代の頃から吉井川を往来する高瀬舟による物資の輸送が活発に行われた。
  • 現在はヴェローナ県の県庁都市であるが、ミラノ、ヴェネツィア、ローマの各方面への道の交差する場所で古くから交通の要衝の地であった。
  • 当駅は古くから交通の要衝として栄え、現在も9路線が乗り入れる群馬県のみならず北関東最大のターミナル駅として機能している。
  • 中央アジアやインド、中国本土から延びる交通路が交わり、古くから交通の要衝であった。
  • 市域は、北部が名古屋市に、東部が三河地方に接し、南部が知多半島に臨み、古くから交通の要衝として発展してきた。
  • その周辺部は、古くから交通の要衝であってインダス文明期から遺跡があり、この半島の南の付け根へ向かって流れるナルマダー川流域は、北インドの王朝と西部デカンの王朝の係争地になった。
  • 次へ »