口述速記

5 の用例 (0.00 秒)
  • 足立秘書は、土井が口述速記で仕事をしているのを知っていた。 松本清張『迷走地図(下)』より引用
  • そこで、かれは、四人の秘書を使って、口述速記機械によって、大量のミステリー小説を生産しているのである。 ガードナー/能島武文訳『管理人の飼い猫』より引用
  • ところで、福沢のこの自伝は、口述速記に手を加えたもので、これが『時事新報』に掲載されたのは、明治三十一年七月一日から翌年二月十六日までである。 大宅壮一『炎は流れる2 明治と昭和の谷間』より引用
  • 最初はタイプライターから、つぎには電気タイプライターに、口述筆記にと進み、最後は口述速記器械を用いて、その驚異的な量産をつづけた。 ガードナー/能島武文訳『奇妙な花嫁』より引用
  • 口述速記であった。 松本清張『迷走地図(下)』より引用