口述しはじめ

6 の用例 (0.00 秒)
  • 軍医大尉が手を動かしながら、助手の曹長に口述しはじめた。 ヘミングウェー/高村勝治訳『武器よさらば』より引用
  • ペリイ・メイスンは、早口に、爆弾的な文章を口述しはじめた。 ガードナー/能島武文訳『奇妙な花嫁』より引用
  • グレナヴァンは次のような指令を口述しはじめた。 ヴェルヌ/大久保和郎訳『グラント船長の子供たち(中) 地の果ての燈台』より引用
  • 事務官はこういうケースにおきまりの返答の形式を口述しはじめた、つまりいま支払うことはできないが、某月某日までに支払うことを約束する。 ドストエフスキー/工藤精一郎訳『罪と罰』より引用
  • 「余命も既に旦夕たんせきに迫って、本書もまた終焉を告げんとして居る」と口述しはじめたとき、猪熊はこれから先を妻に筆記させることの残酷さを思わずにいられなかった。 大江志乃夫『凩の時』より引用
  • 「艦長日誌」カークは改めて口述しはじめた。 ロッデンベリイ『スター・トレック5/新たなる未知へ』より引用