口述している

22 の用例 (0.00 秒)
  • 警視が電報を口述している間に、ヴェリー部長は事務室から出て行った。 クイーン/石川年訳『中国切手殺人事件』より引用
  • それだけじゃない、名前をいれる文書は全部自分で口述しているんだ。 エディングス『マロリオン物語02 熊神教徒の逆襲』より引用
  • 警部は机のまえにあぐらをかいて、刑事になにか口述しているところだった。 横溝正史『貸しボート十三号』より引用
  • だれかがなにやらを口述しているのか、朗読でもしているような気配だった。 カフカ/谷友幸訳『城(下)』より引用
  • それからサー・ユースタスがペティグルー嬢に口述している声を聞いたといったね? クリスティ/赤冬子訳『茶色の服を着た男』より引用
  • いまこの時間には、自宅で秘書に口述しているはずだ。 クリスティ/赤冬子訳『茶色の服を着た男』より引用
  • 赤鼻部長は眼を真っ赤に充血させて記事を口述している。 横溝正史『悪魔の家』より引用
  • 難しい日本語を懸命に翻訳、口述している林の姿を、ゴンクールは日記に書き留めている。
  • 原田日記については、原田が口述している現場を何度か見かけたし、昭和十六年十一月に私が二年三カ月振りにアメリカから日本に戻ったとき、留守中の日本の動きを早く頭に入れるようにということで、住友本社四階の原田の部屋で何日かにわたって原田日記の原稿に目を通したこともあった。 勝田龍夫『重臣たちの昭和史 下』より引用
  • 土井はいま同党の原井健一郎議員の「演説集」を口述しているが、その半分を終っていた。 松本清張『迷走地図(下)』より引用
  • したがって、これを口述している福沢の頭には、日本人の自信を強め、自尊心を高めようとする意図のあったことは明らかである。 大宅壮一『炎は流れる2 明治と昭和の谷間』より引用
  • そのようにして、綾子の著作が生み出されたのだが、口述している事柄に誤りがないか、などと思ったことは先ずなかった。 三浦綾子『細川ガラシャ夫人』より引用
  • いましゃべっているのはミス・ウィルキンズで、乗客たちから託される通信文をひとつひとつ口述しているところだ。 クラーク『渇きの海』より引用
  • ペティグルー嬢を相手に口述している。 クリスティ/赤冬子訳『茶色の服を着た男』より引用
  • 代読作業についてアウレリウスは自身の秘書官に「毎日30通の手紙を口述しているおかげで息が切れそうだ」と皮肉を口にしている歴史家たちは「アウレリウスは政務に才覚があった」と述べている。
  • スポックが自席を離れて司令席に歩み寄ったとき、カークはその司令席の中で両手を首の後ろに当てて組み、からだを思いきり伸ばして、艦長日誌に締めくくりの言葉を口述しているところだった。 ジェイムズ・ブリッシュ『09 明日への帰還』より引用
  • 食後にはブラック・コーヒーと砂糖入りの紅茶を交互に味わうのだが、その間にもフェイサルは手紙を秘書たちに口述している。 T・E・ロレンス/安引宏訳『砂漠の叛乱』より引用
  • 全員が上陸し、8人は国王カメハメハ1世に謁見するなどの歓待を受け、後に善松は様々なハワイの文化や習慣を口述している。
  • 「カークよりスポック」と、カークは口述している。 ジェイムズ・ブリッシュ『11 惑星ゴトスの妨害者』より引用
  • ちょうど、想いをらし、けんめいに口述しているところであったので、物音もきこえなかったらしい。 山田風太郎『八犬傳(下)』より引用
  • 次へ »