口調で切り出し

26 の用例 (0.00 秒)
  • シロウズはゆっくりと腰をおろしながらあらたまった口調で切り出した。 光瀬龍『たそがれに還る』より引用
  • この家に来て四日目、ツムラ医師は舞子を前にして静かな口調で切り出した。 帚木蓬生『受精』より引用
  • 望田はソファーにすわるなり、昔のままのせかせかした口調で切り出した。 内田康夫『斎王の葬列』より引用
  • 着流しの侍が伝法な口調で切り出したので、清吉はあっけにとられたようであった。 平岩弓枝『御宿かわせみ 08 白萩屋敷の月』より引用
  • 山岡は一呼吸すると、つとめてゆっくりした口調で切り出した。 城山三郎『勇者は語らず』より引用
  • 唐突に、真剣な口調で切り出した侍女を、王女は珍しく思いながら見つめ返した。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第06巻 「獅子の胎動」』より引用
  • と、九州弁のアクセントが強く残る口調で切り出した。 野村進『アジア新しい物語』より引用
  • 「二つわかったことがあるの」シートベルトを締めながら、私は真剣な口調で切り出した。 パトリシア・コーンウェル『証拠死体』より引用
  • 「この間、思いがけない人に会ったのよ」私はやけに快活な口調で切り出した。 パトリシア・コーンウェル『証拠死体』より引用
  • 棟居は彼女らの不安を解くように、トウイについて聞きたいだけだと穏やかな口調で切り出した。 森村誠一『棟居刑事の悪夢の塔』より引用
  • 宮井は、ビールで気持ちがほぐれたのか、志保子の存在を気にしながらも改まった口調で切り出した。 高杉良『生命燃ゆ』より引用
  • 銀次郎は家老の甥という身分をひけらかすようなことはしなかったが、べつに権平に同情する気もないとみえて遠慮のない口調で切り出した。 藤沢周平『秘太刀馬の骨』より引用
  • 畏作は静かな口調で切り出した。 三浦綾子『病めるときも』より引用
  • かわってギュンターがいつもとかわらぬ口調で切り出した。 谷甲州『惑星CB 8越冬隊』より引用
  • 前者が後者に、弁解するような口調で切り出した。 米澤穂信『春期限定いちごタルト事件』より引用
  • ゆきは、およそビジネス・ライクな口調で切り出した。 菊地秀行『トレジャー・ハンター10 エイリアン魔神国 上』より引用
  • 改まった口調で切り出してきた。 楡周平『フェイク』より引用
  • そのわずかな時間をねらっていた、とでもいう風に、私の真正面に立ち、静かに、しかし、ひたと迫る口調で切り出した。
  • それから穏やかな口調で切り出した。 宮部みゆき『孤宿の人 (下)』より引用
  • 「浅見さんがおっしゃった石橋先生のご実家のことですけど」と、き込むような口調で切り出した。 内田康夫『贄門島(にえもんじま)下』より引用
  • 次へ »