口腔領域

22 の用例 (0.00 秒)
  • いずれも身体各所に発生し口腔領域の発生頻度は低い。
  • 日本における口腔領域の2大疾患は、う蝕と歯周病である。
  • これは、術前矯正によって執刀の際に顎を切る分量を正確にするのと、口腔領域を正常にするためである。
  • 顔面の変形、かみ合わせから、口腔領域機能に大きな問題があると判断された場合に手術が施される。
  • 術前矯正中は、顔の歪み、ズレが治療開始前よりも顕著になりやすく、口腔領域機能もさらに悪化しやすい。
  • 口腔解剖学は歯学並びに解剖学の一分野であり、顎口腔領域の形態、構造について研究を行う学問である。
  • 歯牙硬組織や口腔粘膜など口腔領域における組織を研究する。
  • 歯学分野においては、特に口腔外科と補綴科の分野であり、顎顔面口腔領域の機能と形態の回復治療行い、機能の回復によるQOLの維持・向上を目的とする。
  • 小児の成長発育は顎口腔領域にとどまるものではなく、全身にわたるものであるので、小児科学においての研究と重なる面も多い。
  • 歯科理工学は基礎歯学の一分野であり、顎口腔領域で用いられる種々の材料・器械・器具について生体全体の観点から研究を行う学問である。
  • また、日本での報告ではスクリーニングとしての有効性を示唆する一方で、炎症との鑑別の不十分さ、前癌病変である白板症での識別の困難さ、口腔領域の各粘膜の形態の違いによる見え方の違いなどの問題点を上げている。
  • ただし歯科医師に関しては顎口腔領域の治療及びそれに資する場合を対象とするとされ、口腔癌の予後観察における肺転移可能性排除のための歯科医師による胸部撮影判断を認定した判例などがある。
  • 一般社団法人 日本口腔腫瘍学会とは、口腔領域における腫瘍を中心とした学問を取り扱う専門学術団体の一つである。
  • 口腔診断学は歯学の一分野で、顎口腔領域における病態や症状についての診査、診断法を研究、分析するものである。
  • 口腔外科とは、齲蝕や歯周病の治療を除く顎口腔領域の外科処置を中心として、その疾病全般を扱う診療科である。
  • 開口反射とは、顔面口腔領域に対する侵害刺激によって急激な開口運動が引き起こされる反射である。
  • 口腔外科学は、外科学、歯学の一分野で、顎顔面口腔領域の外科学的処置について研究、分析を行う学問である。
  • 外科手術で口腔領域を正常にする。
  • 歯科口腔領域におけるレーザーの応用は1960年にMaimanによって開発されたルビーレーザーを皮切りに活発に行なわれてきた。
  • また、韓国の慶熙大学歯科大学の「口腔内科」では、歯科口腔領域の病気、障害をストレスなど全身的な問題として考え、改善の糸口を幅広い分野から探し出し、治療している。
  • 次へ »

口腔領域 の使われ方