口腔解剖学

7 の用例 (0.00 秒)
  • 穿孔の場所や方向は、歯牙の種類によって異なり、口腔解剖学の熟知が必要である。
  • 関連する分野としては、口腔解剖学や口腔病理学などである。
  • 歯型彫刻の目的は複数あり、歯科医療従事者として必要な手先の器用さを養うためや、歯牙の形態を口腔解剖学といった座学だけでなく実際に観察し作成することによって理解を深めるといったことである。
  • 口腔解剖学は歯学並びに解剖学の一分野であり、顎口腔領域の形態、構造について研究を行う学問である。
  • また、舌は嚥下など生理学的活動でも重要な役目を果たす為、歯科系大学病院では口腔生理学や口腔解剖学の専門家、言語聴覚士などを交えた医療を提供している。
  • この専門教育には解剖学、口腔解剖学、理工学、薬理学、歯周病学、栄養学、及び臨床科目を含んでいる。
  • 口腔解剖学講座は2000年の大学院部局化に伴い口腔分化発育情報学講座口腔解剖学第一教室となった。