口腔疾患

10 の用例 (0.00 秒)
  • また、全身疾患と口腔疾患の関連性からその研究対象も口腔からの全身薬理学へと変化している。
  • 小児歯科学は小児科学が内科学から独立した経緯と同様、18世紀にヨーロッパにて孤児院から発展した小児病院において口腔疾患の臨床・研究が行われることで成立した。
  • 日本口腔検査学会とは、歯科医療、口腔疾患に関わる検査の開発、臨床への普及などを目的とする専門学術団体の一つである。
  • 口腔に症状をおよぼす全身性の疾患を診断し、外科的なアプローチとは異なる方法で口腔疾患の治療を行なうもの。
  • これについては、平成8年に「歯科口腔外科に関する検討会」が開催され、悪性の口腔疾患や他部位の移植が必要な治療の場合は、歯科医師と医師が適切に連携する必要があるとしている。
  • 食欲の低下は、後述の悪液質をはじめとして、齲歯、顎関節症、口内炎などの口腔疾患、手術や外傷による疼痛、感冒などの消耗性の疾患、あるいは妊娠悪阻などによっても引き起こされうるが、るいそうに至るほど深刻で長期的な食欲低下の背後には精神・神経系の疾患があることが多い。
  • 九州大学大学院農学研究院と鹿児島大学大学院医歯学総合研究科、国立長寿医療研究センター口腔疾患研究部とバイオベンチャーとの共同研究により日本で開発され、2012年12月19日九州大学記者クラブにて発表された。
  • 味覚障害は薬物性のものの他、末梢・中枢の神経障害、亜鉛不足、口腔乾燥症などの口腔疾患や全身疾患、放射線治療後などにより引き起こされる。
  • 口腔疾患に際しては、まず、診査しその後診断、処置へと移るが、口腔内の特異性として歯牙硬組織の存在がある。
  • 以後、愛知県がんセンターレジデント、岡山大学医員、助手、愛媛大学助教授を経て2006年より昭和大学歯学部顎口腔疾患制御外科学講座主任教授に就任するも、形式上早期退職となる。