口腔内科

6 の用例 (0.00 秒)
  • 日本口腔内科学会とは、口腔内科学の研究を取り扱う専門学術団体の一つである。
  • 欧米では、口腔外科とは別に口腔内科が確立されており、日本では大学病院口腔外科や総合病院の口腔外科がその役割を担当していることが多い。
  • 以上のように口腔内科は広範にわたるため、口腔内科を担当する医師には口腔内に発生する多様な疾患の診断・鑑別を行う能力と経験が要求され、関連医科・検査施設との密接な連携の上での診療システムが必要となる。
  • 口腔内科では口腔内に関連するあらゆる疾患を診断・治療対象とし、医科的知識に基づく全身的評価の後、早期発見による最小限の外科的手術や、器官温存のための内科的アプローチを特徴とする。
  • また、韓国の慶熙大学歯科大学の「口腔内科」では、歯科口腔領域の病気、障害をストレスなど全身的な問題として考え、改善の糸口を幅広い分野から探し出し、治療している。
  • さらに、う蝕、歯周組織の炎症など主要歯科疾患であっても、「口腔内科」では、単にプラークによる細菌感染としてのみ対処するのではなく、心身のさまざまな要因を背景として究明している。