口腔乾燥症

6 の用例 (0.00 秒)
  • また、下記の作用から内服薬の形で口腔乾燥症の治療薬としても用いられている。
  • シェーグレン症候群や口腔乾燥症に対症療法を目的に用いられる。
  • 口腔乾燥症は、種々の原因によって唾液の分泌量が低下し口腔内が乾く、歯科疾患の一つ。
  • 日本食に固有の「口内調味」を実践できるものとして推奨している栄養士などがいる一方で、汁や飲み物でご飯などを飲み込む形になりかねず、咀嚼がおろそかになったり、唾液の分泌に異常が生じ、口腔乾燥症になる可能性があると主張する歯科医もいる。
  • 大阪大学大学院歯学研究科にて、唾液腺の発生と再生、口腔乾燥症などの研究課題に取り組む傍ら、大阪大学歯学部附属病院・顎口腔機能治療部にて、口唇口蓋裂患者を中心とした言語障害、摂食・嚥下、ドライマウス、睡眠時無呼吸症候群の患者に対して、専門的な治療を担当する。
  • 具体的には、口腔悪性腫瘍、良性腫瘍、口腔粘膜疾患、唾液腺疾患、口腔顎顔面領域に生じる変形、外傷、嚢胞、顎関節疾患、口腔顔面領域の神経疾患、口腔乾燥症、口臭、味覚障害、舌痛症、顎顔面領域の神経性疼痛・麻痺、口腔内と関連する精神疾患などがあげられる。