口腔ケア

26 の用例 (0.00 秒)
  • 経口摂取が不可能で十分な口腔ケアがされていない患者でおこりやすい。
  • 口腔ケア用のブラシとしては、通常は一般用の歯ブラシが用いられている。
  • 特に高齢者においては健康維持のために口腔ケアが欠かせない。
  • 嚥下訓練、口腔ケア、頭位挙上、意識の改善なども並行して行う必要がある。
  • 口腔ケアの内容として などが挙げられている。
  • 機能的口腔ケアは、摂食・嚥下などの口腔機能を維持・改善することを目的とするケアである。
  • 彼は歯科医となったが、彼は治療よりも実験が好きで、口腔ケアや患者の治療へのハープ薬の効果について論文を書く方が好きで、その結果、妻の教師としての給与が一家の家計を支えた。
  • 口腔カンジダ症の治療は通常抗真菌剤の使用と口腔ケアを行う。
  • 日本では1990年代より普及が始まり、2000年以降口腔ケア意識の高まりを受けて普及率が急進した。
  • 口腔ケアは介護人にとっては大変重要である。
  • 近年、誤嚥性肺炎の予防法として、適切な口腔ケアによる効果が多くの研究者によって明らかにされてきている。
  • 一般社団法人 日本口腔ケア学会とは、口腔ケア学を中心とした学問を取り扱う専門学術団体の一つである。
  • よって、口腔ケアにより口腔内を清潔に保つことが重要である。
  • 例えば、360度歯ブラシも口腔ケアに用いられている。
  • 口腔ケア用のブラシとは、器質的口腔ケアにおいて用いられる清掃用具を指す。
  • 近年、嚥下障害や呼吸器疾患、循環器疾患など、広範囲の疾患に口腔内細菌が関連することが報告されており、病院や施設等で口腔ケアへの対策が活発に行われつつある。
  • 口腔ケアを行う意義は などがある。
  • また、口腔ケアは口腔内の良好な衛生状態を維持することでカンジダの菌数の増加を防ぐが、口腔ケアのみでは一度発症した口腔カンジダ症を治癒させることはできない。
  • 特に高齢者の場合は唾液の分泌量が減るなどの理由により口腔内細菌が繁殖しやすく、虫歯や歯周病を起こしやすいが、近年、口腔内細菌により肺炎などその他の疾患が発生する事が明らかになり、口腔ケアの重要性がさらに高まった。
  • 欧州健康保険カードを持つアイルランド訪問者は、緊急の総合医・専門医・緊急歯科口腔ケア・入院および外来・処方薬などが自己負担免除となる。
  • 次へ »