口腔

全て 名詞
1,546 の用例 (0.01 秒)
  • 別の研究でも口腔ガンと上気道ガンも大麻との関連性は無いとしている。
  • 口腔こうくう内に入ってくるものには、なんでも近づいて確認したがる性質がある。 川島誠『もういちど走り出そう』より引用
  • 喫煙者は非喫煙者より口腔ガンでの死亡率が約4倍高いといわれている。
  • スペイン語の多くの方言では、音節末の を に非口腔音化させている。
  • 歯並びが最高の女で、俺は口腔に棲んでやったがさすがに仕事にならん。 姫野カオルコ『受難』より引用
  • しかしそれは、咀嚼の動作が口腔を実体化させてしまっただけのことだ。 九里史生『SAO Web 0407 第八章02』より引用
  • 一口目のスープが口腔こうくう全体に広がって、耐えられない状態となったのだ。 田中康夫『昔みたい』より引用
  • やがてそれは舌を口腔こうくうに収めると、鐘の音に似た楽器のような声でいった。 牧野修『だからドロシー帰っておいで』より引用
  • なお口腔の読みの例外として、日本医学界においてはを正式とする。
  • 黒い口腔こうこうを顔いっぱいに開けた人間たちが際限もなく火の上へ降ってきます。 吉田知子『無明長夜』より引用
  • 主に生理学を基礎に口腔の機能を生理学的に研究することを中心としている。
  • 歪んで開いた口腔こうこうから灰色のぽってりとした舌がだらりと伸びていた。 牧野修『屍の王』より引用
  • 口腔の底面には歯舌があり、表面には磁鉄鉱を含む小さな歯が並んでいる。
  • 舌打ちとは、舌と口腔を使って音を出す、人間の行為のひとつである。
  • 一部は人の腸管や口腔に存在し、さらにこの中の一部は病原性を示す。
  • 口腔内の細菌を減少させるために食事の前後と就寝前に歯を磨くなど。
  • 経口摂取が不可能で十分な口腔ケアがされていない患者でおこりやすい。
  • と聞きかけた時私の口腔からは、えんえんたる焔が吐き出たと思はれた。 牧野信一『鬼の門』より引用
  • 熱いものがのどを打ち、口腔こうこういっぱいに広がっていくのを、おまえは感じた。 重松清『疾走(下)』より引用
  • 一日12時間程度の装着と口腔内での拡大スクリューの操作が必要である。
  • 次へ »