口火を切る

77 の例文 (0.00 秒)
  • 私のほうでも実はそういうふうに口火を切ろうとしていたところなのだ。 ...
  • 今回の狗神騒ぎの口火を切ったのは、彼ではないかと疑っていたからだ。 ...
  • このときは、何でもいいから口火を切りたいという気持ちからだった。 ...
  • 彼女が口火を切ろうとしたときに、パヴがいくらか驚いた口調でいった。 ...
  • 口火を切った少年と同じくナイフを取り出した者が、そのうちの半数。 ...
  • どうせ長くない命だから死ぬ前に何かでかい事をやってみたい、と口火を切った。 ...
  • 戦闘は、お互いのすがたを見ぬ前から口火を切ってしまったのだ。 ...
  • 世界規模での業界再編の口火を切ったダイムラーベンツも例外ではない。 ...
  • 私が椅子を引き出す間もなく、マリーノが単刀直入に話の口火を切った。 ...
  • 女子職員がお茶を運んできたところで、矢島部長刑事が質問の口火を切った。 ...
  • やがて父は年長者の立場上、自分が口火を切らねば、と思ったようだ。 ...
  • 惨事が起こったのも、最初の口火を切ったのは宇宙線だったと推定されています。 ...
  • 三人が座敷に座ったところで、銀髪の紳士が自己紹介を兼ね口火を切った。 ...
  • 店に入ると婦人帽の注文などをして、口火を切りにかかります。 ...
  • 二人は料理を囲むようにして正座をすると愛が口火を切った。 ...
  • 彼が皆を代表して口火を切ったというわけだ。 ...
  • やがて誰かが口火を切ると、堰を切ったように質問が押し寄せてきた。 ...
  • 次へ