口吻

全て 名詞
995 の例文 (0.00 秒)
  • あの時より外には、こんな口吻こうふんで物を言う人を見たことがないのである。 ...
  • そのくせその怪物は、くちばしのような形をした長い口吻こうふんをもっていた。
  • 腹側は明るい色であることが多く、特に口吻や口の周りでは明らかである。 ...
  • その羽毛は体の大部分を覆っており、口吻の先端近くから発生している。 ...
  • 都合によれば、してもいゝといふやうな口吻を洩らすことさへあつた。 ...
  • 体色はグレーで、口吻の形状が豚の鼻のような独特なものとなっている。 ...
  • 口吻こうふんのあたりだけ、まだ黒い毛が残っているが、まもなく消えるだろう。 ...
  • 前上顎骨は口吻の前半を部分を構成する骨で、ここに五本の歯がある。 ...
  • あなたの口吻こうふんから察すればあなたは戦の中をただ通って来たに過ぎないようだ。 ...
  • 内々で伊太夫が何というか、それを聞いてみたいような口吻くちぶりであります。 ...
  • まるで「そんなことは不可能ですよ」と言わぬばかりの口吻であった。 ...
  • 宮の口吻では、一日たりと、尊氏は生かしておけぬ者としていたのである。 ...
  • 頭部前端からは口吻が前方に長く突き出し、先端には強固な大顎を持つ。 ...
  • 彼はまた一回り小柄であること、口吻が長いこともその特徴に挙げている。 ...
  • 口吻から判断するところでは並ならぬ自信家であるように思えた。 ...
  • また、口吻と眼がやや離れて位置しているため、その分頭部と口がより大きい。 ...
  • 口吻は羽化直後は合併していないが、しばらくして合併し1本となる。 ...
  • 次へ