口を割る

113 の例文 (0.00 秒)
  • つかまえたところで、あの二人が口を割るという保証がどこにあるのか? ...
  • 祖母にも、母にもなにも言わず、兄の泪が出てきても口を割らなかった。 ...
  • 彼が仲間とともに証拠湮滅いんめつに成功し、決して口を割らなかったがためだ。 ...
  • というのは、尋問されたら、彼が口を割らないという保証はないからだ。 ...
  • つかまえたメンバーの口を割らせたところ、目標はアメリカだと分かった。 ...
  • 吉岡や谷崎はあんたにいつ口を割られるかと生きた心地がしないだろう。 ...
  • 矢代にその意識がある限り、矢代は警察に対して口を割らないであろう。 ...
  • 大裂は部下の一人が死亡した憤りで重傷の旅人の口を割らせようとした。 ...
  • そいつがあなたに口を割っては、風見を消した意味がありませんからね。
  • あいつは、痛めつけられても口を割らねえような、骨のある男じゃねえ。 ...
  • そのままついに隠蕃は仲間のことについて口を割らずに死んだという。 ...
  • あの老人の口を割らせれば、絶対に一連の事件の解明へと繋がるはずだ。 ...
  • それだけあっさり口を割ったら、あとの一つも隠すところはないだろう。
  • 口を割る気はないようですから、後は放っておくしかないのでは。 ...
  • 二人の使者を草の根わけても捜しだして口を割らしてみせると言ってる。 ...
  • 昔なら叩きのめして口を割らせるところだが、あれは警官になっておった。 ...
  • 私にそうして口を割らせようというのだろう、とわかってました。 ...
  • 次へ