口づけ

全て 名詞
1,002 の用例 (0.02 秒)
  • 白状すると私はその頃にたった一度だけ総美と口づけをしたことがある。 高橋克彦『私の骨』より引用
  • それまでの彼女ならともかく、貴族の口づけを受けた女にはわかるのだ。 菊地秀行『吸血鬼ハンター07b D-北海魔行 下』より引用
  • カークは思わず彼女に口づけしたくなったが、その気持を抑えていった。 ジェイムズ・ブリッシュ『12 上陸休暇中止!』より引用
  • もしくは二人きりになって口づけすれば少しは違ってたかもしれないのに。 雪乃紗衣『彩雲国物語 02 黄金の約束』より引用
  • 貴族の口づけを受けた女は、貴族の不死性をも受け継いでいたのだった。 菊地秀行『吸血鬼ハンター17b D-白魔山 下』より引用
  • この前十七歳の女の子に口づけされたのは十八年も前の話である。 村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 2』より引用
  • ジョンはそう言うと、心をこめてエラの少し青ざめたほおに口づけをした。 森瑤子『望郷』より引用
  • 二人は何時間も抱き合いそして最後にもう一度口づけしながら時を重ねた。 尾崎豊『黄昏ゆく街で』より引用
  • そう言うと、二人はたった一回だけ、すばやく口づけをして別れました。 ボッカッチョ/柏熊達生訳『デカメロン(中)』より引用
  • 見ようによっては、彼女の額に口づけをするような動作にも受け取れた。 吉村達也『ワンナイトミステリー4 「倫敦の霧笛」殺人事件』より引用
  • 僕は彼女の髪をあげて、その小さな耳に口づけするのが好きだった。 村上春樹『国境の南、太陽の西』より引用
  • 戦いにおもむく前にはさ、恋人が口づけとともに見送ってくれるものだろう? 谷瑞恵『伯爵と妖精 第06巻 取り換えられたプリンセス』より引用
  • この佩玉の「〓」の字の上にいつも口づけをしているのだということも。 駒田信二『中国妖姫伝』より引用
  • 手の甲に口づけでもしそうな勢いで、三恵子に対する態度とは大違いだ。 山口芳宏『雲上都市の大冒険』より引用
  • フルートの口づけは、少女がするような種類のものではなかったのだ。 エディングス『エレニア記4 永遠の怪物』より引用
  • だれもわたしを笑わないでくれ、わたしは口づけをしようと思うのだ。 シェイクスピア/大山敏子訳『冬の物語』より引用
  • 女々さんがエリオの両肩に手を載せ、口づけでもするように顔を寄せる。 入間人間『電波女と青春男 第02巻』より引用
  • その笑みが消えないうちに、彼はフィリエルに二度目の口づけをした。 荻原規子『西の善き魔女4 世界のかなたの森』より引用
  • 車のスピードはほとんどゆるめず、口づけをするように唇を突き出した。 重松清『疾走(上)』より引用
  • 彼女は動揺し、そしてアポロの口づけはますます深いものになっていった。 ジェイムズ・ブリッシュ『07 小惑星回避作戦』より引用
  • 次へ »