叙され華族

17 の例文 (0.00 秒)
  • 明治33年、則友の明治維新への功績により、男爵に叙され華族となる。 ...
  • 子孫の斯波蕃が戊辰戦争の功績で男爵に叙され華族となった。 ...
  • 明治33年長常の明治維新への功績により、長準が男爵に叙され華族となった。
  • 次男守時がその跡を継ぎ、明治33年男爵に叙され華族となる。 ...
  • 明治33年孫の長八郎が男爵に叙され華族となった。
  • 家督は嫡男孝が相続し、明治33年父孝敬の明治維新への功績により男爵に叙され華族となった。
  • 明治39年、成裕の明治維新への功績により、曾孫之茂が男爵に叙され華族となる。 ...
  • 嫡男の隆平は隆章の家督を嫡孫承祖し、明治33年に男爵に叙され華族となっている。 ...
  • また、明治39年9月17日、土倉家当主の光三郎が男爵に叙され華族となった。 ...
  • 家督は嫡男の重孝が相続し、明治39年、重先、重愛の功績により、従五位下、男爵に叙され華族となる。 ...
  • 家督は婿養子の則英が相続し、明治33年に父則友の明治維新への功績により、従五位下、男爵に叙され華族となる。
  • 明治39年男爵に叙され華族となる。 ...
  • 明治33年徳裕の婿養子乙彦が、養祖父親基の明治維新への功績により、男爵に叙され華族となる。 ...
  • 明治33年従五位下、男爵に叙され華族となる。 ...
  • 明治24年12月、男爵に叙され華族となる。 ...
  • 明治33年従五位、男爵に叙され華族となる。 ...