受験資格

555 の用例 (0.01 秒)
  • かつては自衛隊の幹部候補生採用試験も大学卒業が受験資格とされていた。
  • また医師国家試験や司法試験など学位が受験資格となる国家試験もある。
  • 高等学校卒業程度認定試験の受験資格の緩和などもあり受験者が少ない。
  • 社員登用試験の受験資格は、高等部の卒業者にあたえられるからである。 森村誠一『日蝕の断層』より引用
  • 一定の受験資格を満たさなければならない、詳細は下記のとおりである。
  • 全国大会だが、優勝しても三段リーグ編入試験受験資格は得られない。
  • 課程によっては、卒業すると准看護師国家試験の受験資格が取得できる。
  • 医学教育課程の修了により、医師国家試験の受験資格を得ることとなる。
  • それによって試験官は「受験資格なし」と判断したもののようである。 草柳大蔵『特攻の思想 大西瀧治郎伝』より引用
  • 看護高等学校を卒業すると准看護師の受験資格を得ることができる。
  • 電気工事士は、次の公資格の受験資格の取得または認定を受けることができる。
  • これらの看護師養成所を卒業することで看護師国家試験の受験資格が得られる。
  • また人間福祉学コースでは社会福祉士の受験資格を得ることができる。
  • そのいずれかにおける優勝は奨励会三段リーグ編入試験の受験資格となる。
  • 修業期間3年制で卒業すると柔道整復師国家試験の受験資格が得られる。
  • その後、高等学校卒業程度認定試験により大学受験資格を取得した。
  • 配管技能士は、関連する各種の受験資格等において、以下の関係がある。
  • 在学中に介護福祉士国家試験の受験資格を得られる県内唯一の高校である。
  • また、受験資格として1級の場合、2級を持っていないと受験できない。
  • また上記のように経過措置として高等学校卒業でも受験資格が得られる場合がある。
  • 次へ »